FRESH VOICE

ランドロックサツキマス

こんにちは。

フィールドスタッフの小林です。

 

先週、飛騨川遠征に行って来ました。

益田川上流のダムとダムの間の川です。

ザックリ…レポートします。

 

 

朝マズメに現場に着く様に午前3時に出発!

途中気温は1度を表示していました。

こちらは…まだまだ寒いですね。

 

朝一本命、大場所を決めていましたが、到着が予定より少し遅れ、日が昇ってしまいました…笑

 

先行者が居ない事を祈って…急いで準備して、入川しました。

先行者は居ない模様で…ヨシッ!

 

早速、確信部にロッドを振る!

5投程でデカイ影!だが…やる気無し。

 

あれは何?…イワナなのか?

その後、何も無く時間だけが過ぎルアーローテを繰り返し、たま〜に小型の魚?たぶんイワナがフワフワ〜と浮いてくる程度で 活性悪し。

 

この魚のスイッチを入れるにはどうすればいいのか。

超スローから高速トゥイッチまで色々試し、カラーローテすることが1番反応良く感じたのでポケットに入れてた X-80Jr. を12種類ぐらいのカラーをやってみた。

 

ダメなら次の場所に行こうと。

 

1投目は反応するが2投目では全く無し。

なので…1投でカラーチェンジ。反応するカラー、しないカラー色々有りましたが最後に残ったのは、図ったかのように、本当に偶然、

 

福山氏監修の

X-80Jr. オリジナルカラー

TONED LIME GOLD YAMAME

をセットしてフルキャスト!

 

強めのトゥイッチをした瞬間!下からバイト!

凄い暴れとローリング。

サイズも良さそう。

カラーローテして一撃で仕留めた魚は…

 

 

な、な、なんと…本命のランドロックサツキマス!

 

 

コンディションは余り良く無いですが38cmの立派なサツキマスでした!

 

 

たまたまとは言え、最後の最後でオリジナルカラーで来てくれたのは奇跡ですね。

恐るべし、福山氏監修のオリジナルカラー。

 

そんなに簡単には釣れない魚が釣れた事に感謝ですね。

元気良く帰って行きました(^_^)v

 

 

その後…場所を転々とし、午後15時半までロッドを振り、かなりの距離の川を歩きましたがネットに入る魚は居ませんでした。

が…例え1日の釣果が1匹でも本命が釣れた事が大満足の遠征となりました。

 

では、次回ブログ更新まで!

 

 

■ 使用タックル

ロッド:GH57-3LS

リール:GAUS 20X

ライン:PE 0.6号+リーダー 1.5号

ルアー:X-80Jr.(TONED CLOWN YAMAME)