FRESH VOICE

房総リザーバー

房総リザーバーの最大の魅力は時折60cmを超えるスーパービッグバスでもある。

早春のこの時期は、特にそれを狙いやすく、大潮や暖かくなるタイミング、もしくは低気圧の接近で荒れる日など、条件を合わせて狙っていくとその確立はアップする。本格的なトーナメントシーズン開幕直前、幸い大潮にかかるタイミングで低気圧の接近し風雨ともに激しくなり荒れる天気予報が出ていたため、たった一日だが時間を作って亀山ダムに出船することにした。ボートに持ち込んだのはハードルアーオンリー。ロッドも4本。ライトリグを駆使しての数釣り方は検討ついているので、穏やかな天候の日はそれをフィネスで釣ればいいのだが、悪天候のどさくさに紛れて釣れるバカデカいのは、攻めなきゃ獲れない。今回のターゲットはそれだ。

 

しかし出船した日は天気予報に反して天候は思ったより穏やかだった。水温、水位の急上昇、濁りやエサの流入があり状況的に一番期待していた雨はほとんど降らず、風が吹いたタイミングではもう太陽が出てしまっていた。風が強くなったら風下でワンテンMAX LBOにも期待していたが日差しは余計だ。

 

 

それでも亀山ダムではこの時期、特に安定した実績のあるワンテンJr.で岬やシャローフラットを攻めると、アベレージサイズがポロポロと釣れた。

暖かくなり天候も安定しているので、もうフラットに♂が上がり始めている。午前中かけて湖を半周し状況を分析。カバー周りやシャローフラット、岬などからはやはりアベレージしか出てこないので、もうデカいのを出せるとしたら経験上、岩盤しかないと判断した。

 

 

岩盤中心に午後はひたすらヴァタリオン190バイブレーションXヴァタリオンを投げて巻いた。

ちなみにバイブレーションXヴァタリオンを私は ギア比 7.0:1のリールで私は普通に巻いて使っている。ゆっくり巻くイメージではない。今までこれが一番実績のある使い方だ。夏場など、竹が倒れているようなレイダウン周りで、ものすごい勢いでチェイスしてきたバスを幾度となくものにしている。

ヴァタリオン190はパンチの効いたサイズだが、60クラスならこれに食らいついてくることはあるだろう。魚を寄せるインパクトの絶大である。ある岩盤で一回だけバイトがあったが、これはすぐにフックアウト。サイズはありそうだった。

チャンスはそうそうあるものではなく結局このまま、この日はアベレージサイズがポロポロで終了となった。

俺に釣れないんだから、誰にも釣れねぇ、って、釣りはそんなものではない。現に今日は同じメガバスチームの松本恵太がシャローフラットで発見したバスをヘッジホッグジグで食わせて52cmを釣っているし、他の友人も50オーバーをミスっている。それはやはり岩盤での巻きの釣りだったようだ。

 

今回はタイミングが合わなかったが、またチャンスを見つけて狙ってみたい。