FRESH VOICE

春の訪れを感じて〜海サクラ釣行〜

こんにちは!

Megabass Great Hunting Pro staffの永嶋です。

今回は、北海道で快調なサクラマス釣行の話です。

 

例年、厳寒期の海サクラマスは、1月いっぱいで下火となるが、今年に限っては2月になっても好調だ。

しかしながら、天気予報をチェックするが、休みの日に限って時化ばかり、2月中旬にやっと凪のタイミングに当たったので車を走らせた。

 

AM4:30 まだ暗い中、現地に着くと複数台の車があり、後から何台かやってくる。

6:00には薄明るくなってきて、それぞれにポイントへ散って行く。

目当てのポイントには先行者が居た為、少し外れたポイントへ入った。

 

予想より波があった為、まずは広範囲を探るべく、

METAL-X WAVINGRIDER 40g

をセットし、キャストを開始する。

 

しばらく沈黙が続いたが、潮流を感じながらリトリーブしていると突如として竿先が絞り込まれた。

 

この時期のサクラは型が小さいものの、良く走り、特有のローリングでバレ易い。

慎重にやり取りしてキャッチ!!

 

今年初物の海サクラ。

 

非常に綺麗だ。

 

その後、あれこれ試すも反応は無し。

徐々に風、波も高くなってきた。

海中で砂が巻き上げられ、濁りもキツくなってきた為、小移動。

 

 

時刻は昼前、望みは薄いがキャストを繰り返す。

ランガンしていると、まだ濁りが入っていないポイントを発見。

 

フルキャストで探ると、良型のアメマスが立て続けに2本釣れた。

 

 

濁りが迫り来る中、黙々とキャストを繰り返す。

 

潮流を感じながら、スローリトリーブをしていると…強制ストップ!!

一気に竿先が絞り込まれ、ドラグが鳴った!!

重たい。大物だと確信した。

相手は、猛烈なファイターで、寄せた分以上ラインが出される。

掛かり所が分からないので、強引なやり取りは出来ない。

時間を掛けて寄せた時には、外れそうなギリギリの所にフッキングしていた。

いなしながら、ラインテンションを保ち続け、なんとかサーフにずり上げる事が出来た。

海サクラマス 60cm

 

この時期では、間違いなくランカーサイズだ。

 

少し出遅れたが、「開花宣言」

 

いや、「満開宣言」!!

 

ではまた!

 

 

■ 使用タックル

ロッド:ShadowXX 110M

ルアー:METAL-X WAVINGRIDER