FRESH VOICE

亀山レポート

 

シャローもディープも今が1番厳しい時期。

この時期ならではのディープを狙うか、ビッグフィッシュの可能性が高いシャローか?

どちらも1本が貴重となるのが今のタイミングです。

私はそんな状況ではビッグフィッシュを求めて、シャローを選択します。

 

冬のビッグフィッシュ狙いに、ここ最近使いこんでいるのが作成中のパワーフィネスタックルにヘッジホッグスモラバボトルシュリンプ2.4インチ逆付けのシャローカバー打ち!

 

 

 

 

今回そのタックルでロクマル級のキャッチに成功しました!

 

 

パワーフィネスタックルでこのサイズがキャッチ可能であればパワーの面では全く問題なし!

 

 

 

狙いとしては、過去に私が春のカバー打ちでご紹介してきたスポット等を更に丁寧に釣っていくイメージです。

水面直下でルアーのパーツのみを動かすシェイクで徐々にレンジを下げたり等、ストラクチャーに触れさておく事を意識してカバーを打っていく釣り方になります。

今年の春はパワーフィネスロッドとヘッジホッグスモラバボトルシュリンプ2.4インチのコンビがどんな釣果を出してくれるのか楽しみです!

 

 

 

 

そして春と言えばジャークベイトの季節!

今季リリースのONETEN MAX LBOONETEN R+3

 

 

ONETEN Jr.ONETENを春は使う事が多かったのですが135mmにサイズアップしたONETEN MAX LBOのアピール力とONETEN R+3の今までジャークベイトが到達する事が出来なかったレンジでの活躍に期待です!