FRESH VOICE

チドラナイチャター!! 〜ロビンブレードの特徴を活かして〜

梅雨も明け、いよいよ夏本番の陽気となりましたね!!

突き刺さる陽射しで、気温も30度オーバー!!

 

 

湖面の照り返しや日差しで日焼けも例年通り順調で、藪漕ぎしたら草の中はサウナ状態でなかなか過酷です。笑

 

 

【夏のエリア選び】

攻め方もカバーやストラクチャーが形成するシェード、比重の重い冷たい水が溜まったり陽が届きにくいディープエリア、インレットや湖流など水の流れが当たるなど、いわゆる『涼みやすいエリア』を意識したスポット選びが中心となります。

この『涼みやすいエリア』をセレクトしていくことが夏の鉄則。

魚も人間と同じように『涼』を求めています。

そのスポットに対してどのルアーを入れ込んでいくかがとても重要です。

 

 

【信頼して投げ続けられたNewアイテム】

先日、久々にバスボートに乗って琵琶湖へ行ってきました。

このサマーシーズンに琵琶湖で自分でバスボートを出して釣りしたのは初めてだったので、もちろんパターンや攻め方も探り探りな状況が待ち構えていました。

バスボートの機動力を活かしながら自分の経験や知識を元に攻め続けるも、なかなか手応えを掴めないまま刻々と時間が経過していきました。

 

 

そんな中、ベイトが多く存在するスポットを発見し、シャローからブレイクに差し掛かった瞬間に、Newチャターベイト「ロビンブレード」が暑さを吹き飛ばす1発を呼び込んでくれました!!

 

 

【ロビンブレードの特徴】

ロビンブレードの大きな特徴は主に2つ。

 

①千鳥らない直進安定性

真っ直ぐ泳いでくれることで、レンジキープしやすいチャターベイトに分類されると思います。

そのため、ウィードトップを巻いたり、様々なカバー絡みで不測の千鳥アクションがないため、アクションを予測しながらリトリーブできるメリットがあります。

 

 

②どのリトリーブスピードにも対応できる

」に付随する部分もありますが、直進安定性の高さによって、スローリトリーブ・ミディアムリトリーブ・ファストリトリーブすべてにおいてアクションを損なわないのが強みの1つ。

 

アクションムービー:

バスの活性やベイトスピードに合わせられる点は非常に心強いです。

 

 

 

【使用するトレーラー】

自分が主軸としているのは2つ。水質によって使い分けています。

 

 

ハゼドンシャッド4インチ → クリアアップした水質

XLAYER → 濁りの入った水質(ラトル内蔵のため、アピール力がアップします)

共にテールが小刻みにアクションするのが特徴です。

マテリアルが比較的硬めなので、針持ちが良いのもメリットの1つ。

 

 

チャターベイトの振動でテールが動くよう、自然体なアクションを心がけたセレクトです。他、スリングシャッド・ドットクローラー・キャトルタングもオススメするトレーラーです。

 

 

【これからが本番!!】

サマーシーズンになり、様々なベイトが活発に動くようになり、バスもアフタースポーンから体力回復させ積極的にベイトを追い求めるようになります。

 

 

そのため、スピードで食わせたり、広範囲からバスを呼び込むことができるロビンブレードがより活きるシーズンとなります。

野池でも、小バスやチギルをターゲットにしたバスに合わせてチャターベイトをチョイスする場面は多くなります。

 

 

普段なかなかチャターベイトを使ってこなかったアングラー、今までチャターベイトを使ってきた方も含め、どのフィールドでも出番のある使い勝手の良いアイテムなので、ぜひロビンブレードを使って暑さを吹き飛ばす1発を仕留めてみてください!!

 

 

くれぐれも熱中症や脱水に気をつけてサマーシーズンを楽しみましょう!!

 

 

◆タックルデータ◆

ROD:New Destroyer F5-68X “BANDERSNATCH”

LURE:ROBIN BLADE + XLAYER

LINE:フロロカーボン14lb

 

 

ROD:VALKYRIE VKC-66M+

LURE:ROBIN BLADE + HAZEDONG SHAD 4inch

LINE:フロロカーボン12lb