FRESH VOICE

アフターシーズン到来 !! ~フォールスピードを意識して~

天候や気温の変化が目まぐるしく変化している 4~5月。

個人的には、フライ(バスの稚魚)が孵化している光景を GW 頃から確認しており、地域差はあると思いますが、フィールドの季節進行具合が例年に比べ早いと捉えています。

そのため、産卵後で体力が回復しきっていないバスの動きに合わせた釣りを意識しています。

 

 

【アフタースポーンのバスの動き】

体力が回復しきっていない魚は、体力回復に向けて捕食していきますが、スポーニング後はエサを積極的に追い回しきれる体力がないため、捕食しきれるスピードのエサを意識しながら攻めていくようにしています。

 

【フォールスピードの重要性】

 エサを捕食するためには、バスがターゲットとしているベイトの見極めが大切です。アフターシーズンはバスの動きがスローなため、『素早く動くベイト<ゆっくり動くベイト』の方が捕食しやすいと考えます。例えば、虫・エビ・ザリガニ・手長エビ等の甲殻類系。先日の釣行でも、ラバージグをカバーに落としこんでいくよりも、 TK ツイスターをバックスライドでゆっくりフォールさせていくと、バイトを得ることができました。

 

 

【この2アイテムを主軸に使ってます !! 】

1.TK ツイスター( 4.5inch )

説明不用のアイテムですが、毎シーズンTK ツイスターはアフター時期から抜群に効きだします。カバーに対して、バックスライドにゆっくり落とし込んでいく逆付けセッティングが特におススメ。TK ツイスターのバックスライド性能で、カバーの奥の奥まで入り込んでくれるのが強みです。甲殻類系を捕食しているフィールドでは絶対に外せないです。ちなみにカラーは『エビミソ RF 』が好調で、水質を問わず釣果が出ています。

 

 

EBIMISO RF

 

 

 

2.New トーナメントクローラー

マテリアルが一新された New トーナメントクローラー。ネコリグを試してもバイトはありませんでしたが、ノーシンカーにゆっくりフワフワフォールさせたらバイトを得ることができ、フォールスピードの差が釣果に反映されることを改めて実感するキッカケになりました。ラインナップは 3.5inch ・ 4.5inch ・ 5.5inch の 3 サイズ。サイズやリグによって、スピニング・ベイトフィネスでも使用できるためフィールドに合わせた釣りが展開できると思います。また、食わせ重視のマテリアルで柔らか素材になっているため、ワームチューブの使用を推奨します。

 

 

 

【バス・メインベイトの動きをイメージする】

どのシーズンにおいても重要な要素ですが、フォールスピードやリトリーブスピードなど魚に合わせた攻め方を意識することが重要です。魚がどのレンジなら反応するのか、どのベイトを主食としているのかなど、まず「観察すること」が大切ですね!

 

 

今回はアフターシーズンということで、スローな攻め方のできるアイテムを中心に紹介しました。新たに釣果が出ましたら、またレポートさせていただきます!

 

 

 

 

◆タックルデータ◆

ROD:HYUGA 611MH

LURE:TK TWISTER

LINE:フロロカーボン16lb

 

ROD:VKC-67ML

LURE:TOURNAMENT CRAWLER 5.5inch

LINE:フロロカーボン8lb

 

ROD:New デストロイヤー F1-61XS “LYCAON”

LURE:TOURNAMENT CRAWLER 3.5inch

LINE:フロロカーボン4lb