FRESH VOICE

雨に誘われ 寒ビラメ ♪ ~ CUT VIB Heavy Weight ~


午前4時半起床
河原を吹き抜ける冷たい風に震えながら、身支度をし、タックルを準備している ・・・ と 、

前日夜から釣りをしていたという猛者の方が、挨拶がてら話しかけてこられ、
「 夜中の間に、ヒラメ ・ 黒鯛 が釣れた ! 」 と吉報を教えてくれる。

寒さに負けない気合と根性に感動しつつ、
そのバラエティーに富んだ釣果内容に ・・・

「 魚 ・・・ 入ってるかも ♪ 」

と、我も期待が膨らみ ・・・
急かされるように身支度を済ませ、浜へと参戦する。

今回の釣行も、前回のブログ同様、数日前の降雨による 「 濁り 」 と水量増による 「 流れ 」 を期待したもの。
激寒期の 「 冷たい雨 」 といえども 「 貴重な変化 」 であることは間違いなく ・・・
「 呼び水 」 に誘われて、河口付近に集まるフィッシュイーターは、確実に存在する。

良さげな空いたスペースに釣り座を設け、いよいよキャストを開始 ♪
まずは、手早く状況を理解するため、 CUT VIB HW を先発 !
遠投乱射し、 「 水深 」 と 「 流れ 」 の把握に努める。

しばしサーフを歩きつつ、点々と立ち位置をずらしながら カットバイブHW をキャストし続けていると ・・・
沖に太い流れを捉えるポイントを発見 ♪

ちょっぴり期待値が上がる。 (笑)

すかさず CUT VIB HW にて、重点的な絨毯爆撃を開始 ♪
しばし キャスト & リトリーブ を繰り返していると ・・・
ピチピチとした生命感がフックアップ !
8~9cmほどのサッパが引っかかってくる ♪

これで、さらに期待値が上昇 ! (笑)

一応にも 「 流れ 」 と 「 ベイト 」 の存在が確認できたことから、
「 期待のマズメを、ここで迎えよう ! 」 と、私はポジションを決める。

白み始めた風景。

視界に入る人気の実績ポイントは、既に人だかり ・・・

「 安定して釣れてるのかな ? 」 と気にはなるが ・・・
「 今、俺が気にしてもしょうがないか ・・・ 」 と我に返り、リトリーブに集中 ! (笑)
ボトムを舐めつつ、ちょっぴり浮かしつつ、 黙々と CUT VIB HW を泳がせる。

あれっきりベイトには、当たらない ・・・ (汗)

地形変化の少ない目の前のポイント ・・・
「 期待は沖の流れだけか ・・・ 」 と少々弱気が首をもたげ始めた時だった。

沖の流れへと遠投した カットバイブHW !
着水して、流れを感じつつ、フォーリングしつつ ・・・
「 さあ着底、リトリーブ開始 ! 」 とロッドを煽り、リールハンドルを巻いた瞬間 ・・・

ヌグゥ ! !

柔らかい違和感 ! ?

「 ん ? 」 と、はてなマークがチラつきながらも ・・・

繰り出す巻アワセ ! (笑)

すると張ったテンションに、「 グングン 」 と伝わる生命感 ♪

重みのない抵抗を、リールパワーでグイグイと巻寄せ ・・・

あっさりとランディングしてみれば ・・・

ヒラメ君 !

小型ではありますが、なかなか肉厚なヒラメが釣れました ♪

ほぼほぼフォーリングで食っていることから、
流れに憑いてベイトを待ち伏せていたところ、ヒラヒラと落ちてくる カットバイブHW を発見 !
追尾 ・ 接近した後、バイトと思われ ・・・

期待した 「 流れ 」 と 「 ベイト 」 の効能は、あったもよう ♪

そして、前回に続き、今回も活躍の CUT VIB HW !
基本、派手なモノ好きのヒラメ君に、めっぽう強く、寵愛している ゴールド・チャート・レインボー ですが 、
「 濁りには黄金色 ! 」 の法則も加わると ・・・ 一段と攻撃力が増しますな ♪ (笑)

一応の釣果に安堵しつつ、引き続き期待の沖の流れを探っていると、
いよいよ周囲が明るくなり、海の様子が見えてくる。

ベイトのサッパが釣れた時点では、
「 もしや ? マズメ時には、ベイトの群れが目の前で上ずるかも ♪ 」 なんて甘い展開を期待していたのだが ・・・

私の目の前は、べったべたのベタ凪 ・・・

変化なく単調で ・・・ 一見、魚っ気は感じられない ・・・

なお、この時点で、地形変化のある人気実績ポイントは、
遠目からも分かるほど、ベイトの群れが水面をザワつき、蠢いている様子が見られた ・・・ が、

実際には、私の目の前の流れにも、ヒラメは憑いていた ・・・
早朝、教えてもらった 「 夜中の釣果 」 も思い出される ・・・

そう ・・・

「 魚は ・・・ 入っている ♪ 」

ベイトの気配は、すっかりなくなってしまったが、
些細な変化に隠れ続けていて、一見平和な雰囲気になったタイミングで、
安心したベイトを襲おうと、ちゃっかり隠れ続けているヒラメがいるような気がして ・・・

ちと立ち位置をずらし、
少々水深の浅い位置、ブレイクというには、あまりになだらかな傾斜面を怪しむ ・・・
上げ潮で、なんぼか水深ができはじめていたが、 CUT VIB HW ではスタック必至のシャロー域 ・・・

浮きやすい実績シンキングミノーをキャストし、試し通しの一投目 ・・・
襲いやすいように、漂うようにスローに巻いたリトリーブに ・・・

ヌグゥ ! !

再び柔らかい違和感 ! !

嬉々として、即座に繰り出す巻きアワセ ! (笑)

グングンと抵抗する生命感 ♪

ヒラヒラと浮き上がる感触 ♪

確信しつつ、じっくりと丁寧に巻き寄せ、優しく寄せ波に乗せ、手早くランディングすれば ・・・

やっぱりのヒラメ君 !

ちょぴりサイズもアップ ♪

期待どおり、ちゃかりとした輩が、隠れておりました ♪ (笑)

冬の冷たい雨 ・・・
水温の低下は、一見、魚の活性低下を招き、シビアな状況を予想しがち ・・・ ですが、
現実には、いつの時期においても 「 変化 」 をもたらす降雨は、非常に重要で ・・・

「 寒さ 」 と 「 食事 」 を天秤に掛けた場合、フィッシュイーター達は、迷いなく「 食事 」 を優先するもよう。

そして、その食事となるベイトを効率的に襲うには ・・・

普段には無い 「 濁り 」 が、 姿 ・ 気配 を隠してベイトに近づくのに有効であり ・・・
普段より強い 「 流れ 」 が、ベイトの行動を制限したり、規則性を生んだりと、襲いやすい状況が生まれる ・・・

降雨という 「 変化 」 のタイミング。
「 変化 」 をきっかけに、「 変化 」 に乗じてフィッシュイーター達は行動にでるわけで ・・・
寒さなど気にしていたら、せっかくのご馳走にありつける恰好のタイミングを逃すという事なのでしょう ・・・

と、いうことなので ・・・

私も真似して、恰好のタイミングを逃さぬよう、寒さを無視して釣っちゃおうと思います ! (笑)

今回の使用タックル

ロッド : Shadow Pangea SP-100 M
リール : シマノ 4000 SW
ライン : DragonCALL 8braid PE 1.2号
ルアー : CUT VIB Heavy Weight ( GG GOLD CHART RAINBOW )