FRESH VOICE

河川内へいらっしゃい ♪ ~ DOG-X DIAMANTE ~


夜明け ・・・
富士山から吹き降ろしてくる冷たい北風を背中で無視しつつ、
波穏やかな海に、ルアーをキャストする。

東の空が、うっすらと白みだせば、いよいよ期待の時間 ♪
寒さなどに気をとられている場合ではない。

周囲の海面で起こるイベントを見逃さぬよう俯瞰しつつ、
リールハンドル越しに感じるルアー挙動に神経を集中する。

あまりの海の穏やかさ、波っ気の無さに 「 ヒラメ狙いのほうがいいかな ? 」 と思い、
久々にルアーケースに忍ばせてきた古い実績ミノーを沖に遠投し、リトリーブしてみれば ・・・

水深にジャストだったのと、投じたタイミングも絶妙だったのか ・・・

2投目にて、あっさり鮃ヒット ♪

魚は一応いるらしい ♪

「 座布団クラスの、ご両親を呼んできてくれ ! 」 と、遊んでくれたソゲ君を優しくリリースし、
しばし期待しながらキャストを続けるも、その後アタリは無く ・・・

周囲の明るさが増すにつれ、しだいに見えてくる 「 ノーマル画面 」 のいつもの海 ・・・
先刻まであった 「 背景色の違う確率変動画面 」 のワクワク感が消えていく ・・・ (笑)

余りに落ち着き払い、静まりきってしまった海を眺めつつ ・・・
どうしたものかと、しばし呆けていたら ・・・

突如、鳴り出した携帯の呼び出し音に驚かされ ・・・

「 誰だよ ? こんな時間に ! はた迷惑な ・・・ 寝てるっつーの ! 」  ( まあ、起きてるけど ・・・ 笑 )

・・・ と、悪態をつきながらでてみれば ・・・

河川内をやっていた友人からの電話で ・・・

「 タイヘンダ スグキタレ 」 と何やら騒がしい !

「 ハハキトク スグカエレ 」 ほどの緊迫感はないが、電話越しでも確実に伝わってくる高揚感に ・・・

有無を言わず、大人が浜辺をダッシュ ! (笑)

玉石によろけながら急いで現場へと向かうと ・・・

そこにいたのは ・・・

立派なイナワラ君 ! !

聞けば、「 夜明け頃より散発的にボイルしており、『 伝統のポッパー 』 にて、ようやく乗った ! 」 とのこと ・・・

満面の笑顔で語る友人 ・・・

・・・ が、話を聞きながら、気づけば私のロッドを持つ手は、小刻みに震えだし ・・・

そして思わず出た言葉は ・・・

「 何故もっと早く電話をくれない ? ガンガンに掛けてこないと ! ! 」

久々に最低な人間性を露呈 ・・・ (笑)

対して友人は ・・・

「 いや ・・・ まだボイルして ・・・ ◯△□▲ が □ で ・・・ 」

友人の話を聞き終える事無く、即座にキャストを開始 ! ! (笑)

益々、最低な人間性を露呈 ・・・(笑)

伝統のポッパーを遠投し、スプラッシュしつつ泳がせてみると ・・・

ボッシュ ! !

一投目から立ち上がる水柱 ♪

確かな重みを感じてから、しっかりと パンゲア を煽り、繰り出す追いアワセ !

一気に走り出した疾走感に、青物を確信し、
スピーディーに鳴り出すドラグ音を楽しもうと聴き入るが ・・・

アレ ? あんまり鳴らない ・・・

結果、私に釣れたのは ・・・

イナダ君 !

いや ・・・ なんだ ・・・

別にいいんだよ ・・・ 釣れてくれれば ・・・ うん ・・・

その後、友人と川面を眺めていれば、引き続き、そこかしこで弾ける水飛沫 !

ボイルした付近に、狙い撃ちでポッパーを撃ち込めば、
着水もしくは着水後のワンアクションに、必ず水柱が上がるという歓喜の展開に ! ! (笑)

・・・ が、ツーフックの大型ポッパーのフック間距離が広過ぎるのか ?
はたまたアタックしてきている魚のサイズが小さいのか ?
友人と共に、ミスバイトと、フックアウトの連打 ・・・ (苦)

いつ終わるともしれない時間勝負に、
「 これはイカン ! 」 と、急いでルアーケースを探り

取り出したるは ・・・

DOG-X DIAMANTE ! !

こいつのドッグウォークによるアピール力と、
120mmの食べごろサイズにして、スリーフック搭載という
目の前のフックアウト状況にピッタリと思えるスペックに頼ってみた !

さすれば ディアマンテ をラインに結び、
しばしのボイル待ちの後、立ち上がった水飛沫目がけて、 DIAMANTE を投入 !

着水直後、魚からの反応なければ、
高速ドッグウォークで、水面を荒らしつつ、
逃げ惑い疾走するベイトをイミテートしてみると ・・・

突如、水面滑走する ディアマンテ の後方で立ち上がる水飛沫 ! !

引き続き、加速させつつ DIAMANTE を走らせていれば ・・・

ボシュ ! !

立ち上がる水柱の中に消える ディアマンテ

・・・ と同時に始まるドラグ音 ♪

しばしのランを楽しんだ後、
パンゲア のロッドパワーでぐいぐいと魚を寄せ、
問答無用でランディングしてみれば ・・・

ちょっぴりサイズアップしたものの、

やっぱりなイナダ君でした ! (笑)

ディアマンテ のセンターフックがイイ位置にフックセット ! 
フロントフックもフォローしており、目論見通りの安心安全フッキングでした !

今回、緊急登板だった DOG-X DIAMANTE !

本来、止水域のバス用ということで、アクションが機敏で、
ロッドワークによる操作性が良いのがありがたく、また、スリーフック仕様の効果は抜群でした !
イナダサイズには、絶妙なサイズ感とスペックでしたね !

尚、今回のイナダ君たち、

河川内~河口付近にたまっている小型のサッパを捕食しにきているらしく、

宴の後の水辺に、5~6cmくらいのサッパが打ち上げられとりました。

エサとなるベイトがいれば、本来真水を好まないはずの青物だって川に入ってきてしまう !

のと同様 ・・・

イナワラサイズが、河原で手軽に水面炸裂している状況ならば ・・・

本来寒いのを好まないはずの釣り人だって、釣り場に出かけて狙わなきゃでしょ ♪ (笑)

ベイトっ気は十分 !

シーバスもいれば、ヒラメもいる ! 青物まで姿を現した !

これぞ晩秋 !

うん ! この状況では、寒さなんかに負けてられないっス !

4年前のブログ記事にて、河川内にて、今回と同時期 ・ 同場所にて、イナワラ釣れてます。
  ちなみに釣った人も同じ人 ! 「 歴史は繰り返す ! 」 ですな ! (笑)

今回の使用タックル

ロッド : Shadow Pangea SP-106 M
リール : シマノ 4000 SW
ライン : DragonCALL 8braid PE 1.2号
ルアー : DOG-X DIAMANTE ( WAGIN AYU )