FRESH VOICE

富山に春を獲りに行く ♪ ~ サクラマス & ホタルイカ ~ その1

平日、深夜の安房峠料金所
道路脇には雪 ・・・
気温は4度 ・・・
人っ子一人おらず、何とも寂しい空気が漂う ・・・
小休止に車を止めたのだが ・・・
間も無く、何ともいえない不安感に襲われ ・・・
急いで車に乗り込み、振り払うかのごとく、己を鼓舞するがごとくアクセルを踏みこみ、暗い山道を駆け下る !
今夜はアタリなのか ・・・ それともハズレなのか ・・・

午前0時 狙いの浜に到着 ・・・
平日の深夜にして、駐車場が満車 !
ホタルイカ掬いに、春の富山に通いだして11年になるが初めての風景 ・・・
人の多さは期待の高さの表れか ・・・
素早く身支度を済ませ、浜へと向かう

暗闇の砂浜を海辺へと歩く ・・・
この時間が好きだ。
アタリなのか ? ハズレなのか ?
もう始まっているのか ? まだなのか ?
浜に蠢く無数のライトがテンションを上げる ! !

そしていざ、水辺に到着し見た光景は ・・・

左を見れば 人 !

前にも当然 人 ! !

右を見れば、もっと 人 ! ! !

そう ・・・ 人だらけ ~ (笑)

近年テレビ番組等で富山の春の風物詩として頻繁に取り上げられる影響か ?
はたまた前日、少し沸いたとのネット情報の影響か ?

平日の深夜とは思えない人の量 ・・・

面白いのは、普段、激戦サーフで経験する、朝マズメ待ちのポイントキープの殺伐とした空気感とは違い、
下は小学生くらいから、上は70~80代の方まで、
老若男女が浜に集ってホタルイカの襲来を楽しみに待っており、なんとも、お祭り的雰囲気が漂っていること ♪

浜辺に置かれたバケツを見せてもらうと ・・・ そこには ・・・
富山の海に訪れる 「 春の使者 」 の姿 !
すでにチラホラと接岸しているもよう ♪

一年ぶりのホタルイカの姿に、テンションは一気に MAX !
運転疲れは吹き飛び、勢いウェーダーでザブザブと海に浸かり、ライトを照らし照らし、ホタルイカを探し始める ♪

腰丈の水深の浜辺を右往左往 ・・・
時折、ライトの光の中に現われる赤いシルエットに興奮 ! !
「 スー ・ スー 」 とイカ独特のジェット噴射で可愛く逃げるホタルイカを追いかけ、掬う ♪
捕らえられたホタルイカは網の中で蠢き、触手を青く発光させ猛抗議 ♪

うう ・・・ 楽しい ! !(笑)

1匹、2匹 と数を稼ぎつつ、
時にライトの視界に、一気に4匹出現したりして、どれから獲ろうかと大興奮 ! !
爆沸きには、ほど遠いが、浜に集った皆が、ワイワイ楽しくホタルイカを掬う ♪

長靴も履かず、ズボンをたくし上げ、素足で海に入ってイカを追う大学生らしき若者達
波打ち際に流れつくホタルイカを両親に手伝ってもらいつつ、笑顔で掬う小さな男の子
一段沖のホタルイカを獲ろうと、ウェーダーに飽き足らず、ウェットスーツ着込んできているツワモノ達 ・・・
その一方で見かけた、何故か背広で海に入ってる中国人 ・・・ (笑)

ある人は、浜辺にて、スマホ片手にさらなる情報収集 ! ?
また、ある人はリアルタイムに友達呼びだしてる ! ?

これぞ春の富山の深夜の浜辺 ・・・ (笑)

私も夢中でホタルイカを獲り続け、浜辺を右往左往 ・・・
いよいよ深夜2時・3時と時が経ったのだが、少しづつだが確実に加速してきたホタルイカの出現量 ! !
そして、あと数時間で夜が明けるにも関わらず、同様に加速して、増えていく人の数 ・・・
ツイッターなのか掲示板なのか分からないが、スマホ普及による情報伝達のスピードは凄まじく、
情報が駆け巡り、人が人を呼ぶ ・・・

間も無く夜明け ・・・ 平日の朝が来る。
周囲を見回すも、一向に帰る様子のない人の数 ・・・
午前4時前、最後と思しきホタルイカ ・ ラッシュタイムを楽しんでいると ・・・
近くにいた学生さんらしき若者が、友人にかけた言葉が耳に入る ・・・

「 やめ時が分かんねーよ ・・・ (笑) 」

そう ・・・ その通り ・・・
やめられない ・・・
次々と現われるホタルイカの姿に ・・・
夢中で掬い続け ・・・

皆、帰るタイミングを失った ・・・ (笑)

そう ・・・ それほどに魅力的な現象なんだ ・・・

いよいよ東の空が白みはじめ、さすがに下火となったホタルイカの接岸
宴の終わりを感じ、ようやく終わり時を得た人々 ・・・
皆一様に、疲れた笑顔で満足げに車へと向かう。

4時間頑張った私の成果 ・・・

爆沸き期待で持ち込んだ40Lクーラーには寂しすぎる、ビニール袋半分ほどの収穫 ・・・
水圧に負けじと網を操作して、痛みで右肩上がらなくなるくらい頑張ったんですけどね ・・・ (涙)
まあ、なんとか家族分は確保できました ♪

北アルプスの山々から、朝日がこぼれ始め、赤紫色に美しく空が染まりだす。
夜中の喧騒が嘘のように人気の消えた浜辺では、
人間と入れ替わって、今度は海鳥達の宴が始まっている。

しばし美しく朝焼けに染まる日本海の風景に見とれるも、
はたと我に返り、手早くホタルイカの装備を片付け、私は車に乗り込む。

「 次の宴に急がねば ・・・ (笑) 」

疲れ切った体に鞭を入れ、今度は、富山の川に訪れているであろう 「 春の使者 」 に会いに向かうのでした ♪

使用道具

ネット  : 釣具屋さん等で販売している網 ( 網目の細かいもの! 先が丸型ではなく、平型がおススメ )
長靴   : チェストハイウェーダー ( ネオプレーン or ナイロン )
ライト  : LEDの光量の大きいもの有利 ( 私はヘッドライトより、ハンドライトが好み ) 
入れ物 : 手提げのビニール袋 ( スーパーの袋で十分だが、なるべく丈夫な厚手のもの )
保冷   : クーラーBOX ( 保冷剤 or ペットボトルを凍らせたものが安上がりで便利 *直接氷はダメ