FRESH VOICE

渓流解禁 ♪ 魅惑のミノーイング ! グレートハンティング 55 炸裂 ! !

激寒期 ・・・
サーフに立ち、日の出を待つ・・・
朝マズメという絶好のチャンスタイムに期待しているわけだが、夜明け前の寒さは余りに強烈で ・・・
大海原に黙々とキャストしつつも、一刻も早く日光を浴びたくて ・・・
実のとこ、ただただ日の出を願うようになっていた ・・・(笑)
そうして重ねるボウズ釣行の中、日の出を楽しみにしていると ・・・
日々、少しづつ早まってくる夜明けの時刻に、確実な春の足音を感じ、ちょっぴり心躍らせていた !

そうしていよいよ訪れた3月 !
トラウトアングラーが待ちに待った渓流の解禁 ♪
世間よりも一足早く 「 早春 」 を楽しみに、世間より一足遅く 「 早春 」 が訪れるはずの山の中へ、
相棒の デストロイヤー と グレートハンティング 55 を携え、私も喜々として出かけてみました !

向かったのは地元の 「 ド 」 が付く有名河川 ! (笑)
解禁に合わせて漁協が魚を放流してくれているので、確実に魚影は期待できる場所。
例年、放流魚を期待して早朝から大勢のエサ釣り ・ ルアーマンで賑わう釣り場。
ひどい時は川の両岸を釣り人が埋め尽くし、竿を出し合う、お祭り騒ぎで、
実際釣り糸が 「 お祭り 」 しちゃうほど混み合うことがあるような釣り場。(笑)

まあ解禁ですので ♪
踊るミノーをチェイスする魚影が見たくて、お祭りにでかけてみました ♪

一応激混みの可能性のある早朝は避け、
しっかり陽が出て気温 ・ 水温の上昇、更にはミノーのフラッシングが活かせる日中に合わせて
ゆっくり釣り場に向かってみました。

そして、いざ釣り場につくと ・・・
ちょうど早朝組の釣り人が帰るところでしょうか、
釣り人はまばらになり、良い感じにミノーを泳がせながら釣り歩いても問題ない間隔がありました。
近くの人に早朝の様子を伺ってみると ・・・
「 水温が低すぎて、放流魚が移動せず、口も使わず、あまり釣れてなかった。 」 とのこと ・・・

「 水温低すぎ ! 」 に一抹の不安は感じつつも ・・・
魚は豊富にいて、食性( エサ )での反応が良くないなら、なんぼかルアーにはチャンスがあるかなと期待する ♪

さて、いよいよ身支度を済ませ、川面に立つ。
降雨量の少なかった今冬、川は水量少なく、浅い。
グレハン55 の フローティング ( F ) でもシンキング ( S )でも、問題ない程度の水深だが ・・・
とりあえずアピールがてら、少しでもアクションのキレがいい ( F ) でスタートしてみる。

半年振りの渓流キャスト ♪
ぎこちないキャスティングに苦笑い ・・・
目ぼしいポイント ・ 流れに グレハン55 を打ち込んでいく !
・・・ も魚の反応は無い ・・・ (苦笑)
移動しつつ、次々とポイントへキャストを繰り返す !
依然として反応は無いが、徐々にキャストの精度は上がり始め、
また偏向グラス越しに見る 「 川 」 に目が慣れ始める。

すると次第に流れの中に定位する魚が、点々と見つけられるようになる。
そう確かに前述の話の通り、魚は結構いる。

そうこうしているうちに、タイミングよく河原に陽が差し込み始め、川面を照らし出す。

そして間も無くだった ・・・

流れに定位した魚に対し、 グレハン55 をアプローチ !
トゥイッチによる一瞬のフラッシングで誘い、その後ナチュラルに魚の前を流し、
また遠ざかり際にトゥイッチでアピール !
さほど激しい誘い方ではない。
しっかり誘って、チェイスできるようゆっくり遠ざかるイメージ ・・・

すると ・・・ 先刻まで無視だった魚達が、少し反応し始める ! ?
フラッシングもプラスだったとは思うが、やはりわずかだが水温の上昇はあったと思う。
未だエサへの反応は悪い中、明らかにミノーには反応し始める ! !

アクションで注目させて、ゆっくり魚から遠ざかる ・・・
繰り返し流れの中の魚に見せて居た時 ・・・

ギラッ ! ?

突如霞んだ流芯の中で走る閃光 !

直後、手元に伝わる生命感 ! !

放流モノのかわいいアマゴ ♪

「 辛抱たまらん ! 」 といよいよ グレハン55 に猛アタック ! !

そして、ここからしばしの間、確変状態へ !
水温上昇に伴い、わずかに上がった活性は、エサへの反応を促す程ではなく、
あくまでアクションによって強制的に魚の興味を誘うミノーに対してのみ
激しいチェイスをみせるようになる。

結果 ・・・ 目ぼしい流れに グレハン55 をアプローチし躍らせれば、
怪しい灰色の影が グレハン55 を追尾しはじめ ・・・
ゆっくりと流れから逃れるように グレハン55 を漂よわせれば ・・・
「 今なら噛める ! 」 と猛突進して試し喰い !
結果、次々とストライク ♪
魚が溜まっている場所では、パタパタと連打でストライク ♪
ミスバイトで警戒されたら、即座にカラーチェンジで対応し、あっさり再びストライク ♪

まあ興味食いの甘嚙みなので、スッポ抜けもありバラシもありましたが、
パタパタと10数本を釣り上げる。

友人らと、しつこく攻撃していたら、
さすがに魚も本格的にスレ始め、いよいよ グレハン55 にも反応が薄くなる。

久々のバイトシーン丸見えのミノーイングゲームに興奮し、夢中でキャストを繰り返していたが、
ふと周りを見れば、日は山の向こうに入り始め、
他の釣り人たちは帰り支度 ・・・
数人の釣り人しかいない、すっかり静かな釣り場になっていた。

さすがに終わりかなと、友人と3人、最後のひと流しがてら、
それぞれポイントに散ってキャストをしていたのですが ・・・

とある流れ ・・・
日中、魚っ気のなかった流れ ・・・
川上からふと、下流の流れを眺めると、水底にはりつく魚の影を発見 ! ?
正面上方から見ているので正確ではないが、少しサイズが良さそう ♪
しかしながら丸見え状態で水底に引っ付いているくらいなので
「 スレッからし君の可能性大 ! 」と思い、期待薄に グレハン55 ( S )を投げてみた !

魚の前方1m程にアプローチした グレハン55 ( S ) !
着水後、ラインを送り、沈ませつつ魚の視界に近づけ、繰り出した2トゥイッチ ! ?
すると、気づいた魚がゆっくりと顔を上げつつ、浮上し始め ・・・
スローに尾びれを振ったのが見えた瞬間 !

猛ダッシュ ! !

大きく口を開いたまま グレハン55 ( S ) 目がげて急上昇し ・・・

ドン ! ! !

問答無用でバイト ! ! (笑)

即座に弧を描くデストロイヤー !
フルベンドし、本日起動することがなかったドラグが鳴き始める ! ?
ヌルヌルとのた打ち、暴れる魚体 !
近くの葦下等に潜られぬよう、バスロッドのバットパワーで強引にポジションを維持し、
魚の疲れるのを待つ ・・・

半日使ったリーダーが切れぬことを願いつつ、
魚の重みで、チリチリと鳴くドラグにドキドキしつつ ・・・
騙し騙し浅瀬へ誘導し ・・・
無事捕獲 ! ! (笑)

GREAT HUNTING 55 ( STREAM REACTION ) 炸裂 !

44cm ! イカツイ イワナ ! !

「 朝から大勢の釣り人に叩かれていたのに、何処に居たの ? 」と疑問に思いつつ ・・・
ニヤニヤしながら、友人を驚かしてやろうと携帯を手に取ったところ、
何故か一足早く、友人のほうから電話 ?

ファイトシーンでも見られていたかと、電話にでてみると ・・・

何と ・・・ ! !

友人も 大きいのが釣れたとの連絡 ! ?

急いで現場に行ってみれば ・・・

そこには ・・・

ドーン ! ! (笑)

45cm ! イカツイ イワナ ! !

そしてヒットルアーは ・・・ ?
GREAT HUNTING 55 ( LAZER YAMAME ) 炸裂 ! !

朝から散々釣り人が叩いた場所 ・・・
自分達自身も、一通り叩いたポイント ・・・
ほぼ同時刻の大型魚のヒット ・・・
気になる状況の変化としては ・・・ 釣り人の数か ・・・ ?
朝から過剰にプレッシャーがかかった後、
今度は釣り人が減り、場が休まり、一気にプレッシャーが抜けた瞬間なのか ・・・ ?

気温 ・ 水温 ・ 太陽光 ・ 風 ・ 濁り ・ プレッシャー ・ タイミング ・・・
考慮すべき要素は多岐にわたる ・・・ か ?

・・・ と考え出すと、小難しく、悩ましいのだが ・・・

友人と3人、すっかり陽も暮れ、誰もいなくなった薄暗い釣り場で笑いあって確信したのは ・・・

今日、釣りに来て良かったという事 !

今日、グレハン 投げてて良かったという事 !

今日、楽しい一日だったという事 !

これは間違いない ! (笑)

今回の使用タックル

ロッド : デストロイヤー ( フェイズ1 ) F1-61XS
リール : シマノ 2000
ルアー : GREAT HUNTING 55 ( ストリームリアクション & レーザーヤマメ )
ライン : PE 0.8号 + フロロ 4lb