FRESH VOICE

亀山レポート

本格的な冬に突入し、そろそろ最低水温期まで迫って来ました。バスフィッシングにとっては本格的な厳しいシーズンの到来ですがそんな中での冬の格別な1本と出会う為のルアーをご紹介します!

 

強烈な寒気が流れ込んで来るとただでさえバイトの遠い冬でも更に、喰いが悪くなる事もしばしば、そんな時はやはり冬の最終兵器とも言えるメタル系のBLADING-Xの出番です!

アクションは強めのキックアクションでリアクション要素の強いルアー。

 

 

BLADING-Xは、そのメタルバイブの長所となる部分を更に追求したルアーで冬の低活性な状態なバスに瞬時にスイッチを入れて、バイトに持ち込める強烈なパワーを持っています。

 

その為に同様のポジションで長時間誘い続ける必要は全く無く、冬のシーズンであってもピンスポットを狙ったならば、即移動!といった事が出来、より多くのエリアを回っていけるという所もBLADING-Xの大きな特徴です。具体的に言うならば狙うべきピンスポットに対して5シャクリ程でバイトが出なければ次のピンスポットを狙います。

 

私の主な使用方法としては1点を狙うバーチカルなリフトアンドフォール。リフトはドアを軽くノックする様なイメージで「ブルッ」っと感じたら直ぐにロッドを寝かしてフリーでボトムまでフォールをさせるといった感じです。

 

あとは、繰り返し行うリフトアンドフォールの中でボトムまで落とさず中層で止めたり等といった様なアクションの変化をスパイス的に織り交ぜていく事によって、よりバイトチャンスを増やす事も出来ます。

 

 

次に、冬の定番とも言えるディープでの喰わせにはスモールラバージグのHEDGEHOG SMALL RUBBER JIG 1/32oz

こちらはBLADING-Xと対極にあるアプローチでスローな「フワッ」っとしたアクションで鼻先をじっくりと通していくイメージです。

 

このフワッっとしたアクションはダウンショットやキャロライナリグ等の他のリグでは出す事が難しいアクションで、ディープでのこのアクションは最低水温期を迎える今のタイミングにおいて、これにしか反応しないという状況も確実に存在します。

 

HEDGEHOG SMALL RUBBER JIG には、意図的にボトムのほんの僅かな変化やストラクチャーに軽くスタックさせて、そこで誘い続けて小さいながらもしっかりとアピールする事が出来てじっくりと誘う事が出来る要素が盛り込まれています。

 

HEDGEHOG SMALL RUBBER JIG はティアドロップ状のヘッドで軽くスタックさせて1点でスタンドアップアクションを繰り返し行って誘い続ける事も出来て、凹凸のあるラバーがより多くの水を掴み、同サイズのスモールラバージグと比べてサイズ以上の存在感をディープでも発揮する事が出来ます。

 

 

このおかげで今年の初釣りでもしっかりと初バスをキャッチさせてくれました!

 

 

ディープをメタル系のリアクションで口を使わせたりスモラバでじっくりと喰わせるといった釣りはどちらもこの時期ならではの釣り。

 

しかし、最近は昨年から亀山で大流行なドラッキングもまだまだ釣れています。

 

 

8m以降のディープにバス・ベイト共に多くなって来ている現在では、そのレンジでもピンスポットに張り付いてじっとしている個体ばかりではなく、バス達もやはり食べなければ生きてはいけない為に、ベイトに着いているアクティブなバス達がいる事も見逃せない点です。

そんな1月のディープエリアのベイトに着いたバスを横の動きで釣っていく事が出来るのがDEEP-SIX

 

 

狙いはフラットやブレイクであったり、そのブレイクの始まるレンジのやや沖をかすめる様に通すといった感じでボトムノックではなくボトムから浮かせてのトレースが有効です。

 

 

PE0.6号等の細いラインを使用すればドラッキングであれば10mまでタッチが可能で、このレンジをクランクベイトで攻める事ができるのはかなりの強み!更にジャークを加えればそのレンジでスライドアクションを出す事も可能で、これはディープレンジのバス達にとってかなりのインパクトを与える事が出来ます。

今年に入ってから私が1番バスを釣っているルアーはDEEP-SIX!この時期のディープにクランクベイトを通す事がどれだけ有効かという事を是非DEEP-SIXで体感してみてください!

 

 

今回お話しさせて頂いたBLADING-XHEDGEHOG SMALL RUBBER JIGDEEP-SIX!この3種のルアーでリアクション、喰わせ、そして横方向の動きでこの時期ならではのディープレンジでのバスにチャレンジしてみてください!