FRESH VOICE

ナノボラーレで届かなかったあの場所へ!!

みなさんこんにちは。

完全に冬が本気出して来ましたね…。

釣れてくる魚も白かったり、口の中が赤かったり、

釣り上げると寒くて反っちゃったり、冬を感じる事も多くなってきました。

 

そんな冬に多用するルアーとして、

バイブレーションプラグや鉄板系のルアーを使う事が多いんですが、

今年の冬は新たにナノボラーレが味方になってくれそう。

 

 

先日メガバスチャンネルで公開となった動画はみていただけたでしょうかっ?

その中でもナノボラーレで1匹釣ってて少し話したんだけど、

フルメタルのバイブレーションって事で、

実際「バイブレーションプラグなの?」「鉄板系なの?」って所。

かつぅ的には動画内でも話した通りバイブレーションプラグ的な感覚でOKかな。

 

鉄板系の用にアイの位置を変えるわけでもなく、

巻きとリフト&フォールに対応させていけるし色々と使い方次第で小技も入れていけるしねっ。

 

まぁなんせナノボラーレの特徴は“飛距離”!

まずはこれに尽きるっ!!

 

フルメタルのバイブレーションでズドーーーン!!って感じで飛んでいきます。

野池なんかでも届かなかったスポット、ありますよね??

野池の真ん中の深い所にもルアーを届ける事が可能ってこと!

 

これは絶対1つのアドバンテージになるので是非この冬試してもらいたいです。

 

基本的な使い方としては特にこれからの冬のシーズンはリフト&フォールがメインにはなってくるかと思うけど、

その中でも細かくショートピッチでリフトして刻んでいく使い方が自分はメイン。

 

より目の前に落とすチャンスを増やすって意味でも、

あとはリフト&フォールにつきもののライン絡みも大幅に回避出来るしってとこです。

あとはサーっと巻いて止めて落とす、また巻いて落とす…の繰り返しもいい感じ。

 

使用しているタックルは、まず少しでもアクションレスポンスをよくしたいって事で

自分的には細めチョイスのフロロ12lbを使用。

もっと突き詰めたら杉村プロが琵琶湖でBALDING-Xなどに使用している、

BLACK JUNGLEF3.1/2-70XSBJ“Cover Spin Special”にPEセッティングでの使用もアリかとっ。

 

動画を見ていただくと分かるんだけど、

リフトしたら掛かってるとかはよくある時期だし、

写真で見ての通り結構ギリギリの掛かりだったりもするので

自分はNEW TOMAHAWK F4-63T“RAPID SHORT CUSTOM”を使ったりもしてます。

 

 

寒い中の1本はハイシーズン以上に気分をアゲてくれる瞬間!!

サイズでは測れない価値もあるし、

その反面1発ドカンとデカいのが獲れる時期でもある。

 

是非是非この冬の釣りの中にナノボラーレも加えて、

あの届かなかったエリアの1匹にシビれちゃってくださいっ!!