FRESH VOICE

秋のサーフ ! METAL EDGE で連発劇 ♪ 


久々の雨 ♪
恵の雨となる事を期待して、深夜、釣り場へと馳せ参じたのだが、
いざ浜辺に立ち、竿を振ってみれば ・・・
予想以上の濁りと流下してくる落ち葉や藻の攻撃 ・・・ 
毎度ながら自分の読みの精度の悪さの安定感が半端なくて ・・・ 切なくなる ・・・(笑)

まあ、それでも時間の経過とともに、
次第に状況は回復していくだろうと考え、暗闇の浜で一人キャストを続けるも、反応はなく ・・・
むしろ潮が上げに転じてからは、沖に流されていたゴミ達が、
満ち潮に乗って浜に戻って来たりして、更に私を苛める ・・・

いよいよ心折れかけようかのタイミングで、
私と同様、恵の雨に釣られた釣り人達が、いまだ暗いサーフにちらほらと現われ始め ・・・
あれよあれよと言う間に、浜辺に並び ・・・
東の空が薄っすらと白みだす頃には、きっちり浜に整列し、
お互い一歩も移動できない状態まで、満員御礼になるのでした ・・・ (笑)

さすれば、皆さん、意気揚々と沖へ向かって力強くキャストを始められますが、
数時間前からキャストし続けている私は、既に木の葉地獄にやられ、意気消沈気味 ・・・
だもんで、ぼちぼちな感じでキャストを続けておりましたところ ・・・

しばらくすると、周囲に並んだ方が、そっと離れていく ・・・

ええ ・・・ それはそうでしょう ・・・
1投げごとに、フックが木の葉を拾うのですから ・・・
気持ちはよ~く分かります ・・・
私自身、できれば移動したかったのですから ・・・(苦笑)

ただ残念ながら、今更動いて入れる良ポイントも既に無いわけで ・・・
結局私は動けず ・・・
1投毎フックのゴミをとりながらの罰ゲームのようなキャストを続けておりました。

すると、さすがは朝マズメ ! !
私の目の前、前日の雨で水量の増した河口の流れ
太く、キツイ流れの中を広範囲に探る為、飛距離が稼げて、ボトム探知が容易で、
引き抵抗の少ない鉄板系のバイブである メタルエッジ (27g) を投げていたところ ・・・
夜中の間一切感じられなかったベイトの感触が生じ始めます ! ?

相変わらずところどころでゴミや木の葉を拾うのですが、
ボトムリトリーブ中、確実に ・・・
「 コン ! 」 とか 「 ブルブル ! ? 」 といった生命感に触れるではないですか !

無反応だった深夜からのキャストに比べると、些細ではありますが、しかし非常に大きな変化です ♪
これならば深夜の 「 ひたすらゴミ拾い 」 だったキャストに比べれば、俄然やる気が出てきます !
私は根気よくフックのゴミをとりながら、ベイト感触のあったコースに、丁寧に METAL EDGE を投げ続けました。

すると ・・・ 突然 ! ?

「 ヌグッ ! ? 」 と メタルエッジ が止められ ! ?

夜中の間、散々釣った木の葉の感触との違いに、一応のフッキングを打ち込めば ・・・

「 グングングン ♪ 」 と待ちに待った返答が ! ! (喜)

力ない抵抗を、秋の雨後のモンスターとの戦いの為、準備してきた パンゲア MH で強引に寄せてみれば ・・・

ヒラメ君 !
ゴミごと メタルエッジ に喰いついた獰猛なソゲでした ♪

やはり秋の雨後 !
濁りとゴミなど関係なしに、フィッシュイーターは確実に集って来ている事が感じられたので、
一気にやる気は増し、集中力は漲り、キャストに力がこもります !

すると程なくして、私の右隣、河口直下の流れを探っていた釣り人にシーバスがヒット !
ランディングを見届けて、続けざまに投げた私の METAL EDGE にも即座にヒット !

しかし、この魚 ・・・
MH の パンゲア をフルベンドさせた上、
ジリジリとゆっくりではあるが確実にドラグを鳴らし、ラインをだしつつ ・・・
こともあろうに増水した河口を遡り始め、上流に居た釣り人の方まで走り出し、
さすがにやばいとドラグを締めたところの、一走りで 「 スッ ・・・ 」 と抜けました ・・・(汗)

ニヤニヤしつつ、ドキドキしつつ ・・・
深夜のノー感じな海の変わりように驚愕しつつ ・・・
キャストした メタルエッジ に触れるベイト感触に、まだまだ魚は居ると確信しつつ ・・・

ボトムを舐めるようにリトリーブした数投目 !

「 ヌグゥ ! 」 と再び違和感 ! ?

今度は反射的に打ち込むフッキング !
「 ゴツゴツ 」パンゲア に伝わる生命感 !
グリグリと巻き寄せてみれば ・・・

今度は 黒鯛 君 ! !

多様なフィッシュイーターが浜に集結している様子 !
ますますキャストに熱がこもり ! !
遠投した メタルエッジ のスイム感覚とボトム感触に神経を集中していれば ・・・

「グヌゥ ! ? 」

と三度、違和感が ! ?

間髪入れず、PANGEA を煽り、フッキングを叩き込めば、ゴツゴツとした抵抗感 !
問答無用のゴリ巻きでランディングしてみれば ・・・

再び黒鯛君 ! ( キビレ )

小型ではあるが、頻発するアタリの様子と、魅せつけられる連発劇に周囲は色めき立ち !
皆が期待を込めて、夢中で沖にルアーを打ち込めば、
いよいよしっかり陽が昇り、海面を照らしだしたタイミング !

浜のあちこちでロッドが曲がり始め ! !
ガッツポーズをする人 !
立て続けにヒラメを釣り上げる人 !
一気にサーフが幸福感で満ちる ♪

「 ルアーを投げさえすれば、必ずアタリがでる ! ? 」 かのように思いたくもなる状況下 ・・・
笑い声の中、乱射されるキャスト音に急かされながらも、
本日朝、浜一番の働きを魅せてくれたヒットルアーを眺める ・・・

先日は太いコチの釣果 をもたらしてくれた メタルエッジ ・・・
使い込み、カラーは剥がれ、ヘッドは磨耗して変形 ・・・
お世辞にも綺麗とは言えない 愛用の METAL EDGE ・・・

だが釣れる ! ! (笑)

この鉄板と鉛に工夫を練りこんだ加工物が、
時に魚を圧倒的に魅了し、使い手である釣り人に釣果と笑顔を !
そして躍動するロッド、魚と格闘する光景を見た周りの釣り人に、
活力をも与える力を秘めている事を是非、使って体感していただきたい !
激おススメ ! ! (笑)

今回の使用タックル

ロッド : Shadow Pangea SP-100 MH
リール : シマノ 4000
ライン : DragonCALL 8braid PE 1.2号
ルアー : METAL EDGE 27g ( G AKAKIN CB )