FRESH VOICE

ダークスリーパーのチカラ

みなさんこんにちは!
発売以降、多くの“その威力を体感した”声と、
「探しても売り切れてて見つからない~!」の声を多く聞くダークスリーパー

katsuu_20160803_1

今年各地で行われた「メガバスエキシビジョン」での展示でも、
来場された方から1番よく質問を受けたのもダークスリーパーで、
発売前から注目を感じていました。

先日発売となったロッド&リール別冊「バステク 2016 夏+秋」でも、
中部メジャーリバーの五三川にて大活躍させています。

実際既に使って同じように感じている方も多いと思いますが、
こんな事が頻発。

katsuu_20160803_2

もうバックリ。

3インチと言うサイズ感から、
もちろん野池などのアベレージサイズもよく釣れるスイムベイトなんですが、
そんなサイズでもこんな感じ。

ガッツリ咥えこんだバイトが多発!!

katsuu_20160803_3

思いっきり“食いに来てる”。
そんな感じがするバイトが本当に多い。

使い方は超簡単。
投げて巻くだけ。

ただ他のスイムベイトと違うのは、
基本的には着水後ボトムに着底するまでは沈めてやります。

この時に重要なパーツが胸ビレ。
ただのデザインじゃなくコイツで横倒れを防ぎ、ボトムで安定した姿勢をキープ。

そこから、ボトムにある沈みモノなどを感じながらただ巻いてくる。
これが基本的な使い方となります。

正直、“ここぞ”なスポットに入れちゃえば、
フォール、もしくは着底直後のバイトも非常に多いのもポイントっ。
巻きだしたら「あ、食ってる」なんて事もよくあります!
しかもこんな食い方なのでいい所にしっかり掛かってバレる事も少ない。

かつぅ的にチョイスしてるロッドは2パターン。

基本的にレギュラーなのはF5-68X“BANDERSNATCH”
沈みモノをしっかりなめて泳がせてきたりの通常パターンではコレ。
そして、カバーにも撃ちこんだりの時はF6-67X“G-AX”をチョイス。
上に写真のようにしっかり咥えこんでクチの硬い所にしっかり掛ける事も出来る。

どちらにしろしっかりとしたフックが装備されているので、
ガチッと掛けにいってくださいね~!!

そしてもちろん数だけじゃなくビッグなアイツもガッツリ。

katsuu_20160803_4

ここまでこんなガッツリなバイトがホントによくあって、
どんどんダークスリーパーへの信頼度が増していってる今日この頃。

“スリーパー”って名前とは裏腹に、
サイズ問わずバスの本能を完全に“覚醒”させちゃう感じ。

そんな事に気付いてか多くの方に使っていただき、
現在メガバスの在庫も全く無く鋭意生産中とのことです!!

今月中にはまた各ショップさんに並ぶ予定との事なので、
もうしばらくお待たせしてしまいますが、
次回出荷時には是非ゲットして、
ダークスリーパーのチカラ、体感してくださいね~!!