FRESH VOICE

急がば回れ ! ? JA-KO で楽しむカマスゲーム ♪


昨シーズンは当たり年だったカマス
今シーズンは、あまりパッとせず、さすがにそろそろシーズン終了なかんじ ・・・

今冬は大釣りする機会はなかったが、シーズン終了前に無性にジグヘッドリグでの
繊細なバイト拾いを楽しんでおきたくて、ネットで見かけた釣果情報を頼りに、ふらりと東の港へ向かう。

そしていざ港について釣り場を眺めれば、日中とはいえ、漂う平穏な空気 ・・・
暖かい春の陽射しの中、穏やかに時間が流れているだけで、活気がない ・・・(笑)

釣り人に声を掛ければ 、「アジの泳がせでアオリを狙っているが、昨晩からアタリは一切無い。」 とのこと ・・・
ついでにカマスの情報も伺ってみたが、
「 先日まで好調だったようだが、今朝は全く釣れてなかった。」 と悲しいお知らせだった。

それでも夕マズメを期待して、竿を振ってみたのだが、結局何も起こらず ・・・
ついでに周りのアオリイカ狙いも釣れてはいなかった。

そのまま翌朝マズメに期待を込めて、状況の変化を、ただ待つ気にはなれず、
そこからは車を走らせ夜中、港々を転々とランガンし、礁楽 フリフリしつつ様子を伺うも、

行く先々で ・・・

「 ダメッすね ! 」  「 居ない ! 」   「 何もあたらんよ ! 」

「 昨日は○時頃から釣れたらしいけど、今日は駄目だね・・・ 」

と文字通り 「 つれない 」 返事 を頂き ・・・

外しに外して、ランガンに疲れ果て、辿り着いたのは、結局いつもの馴染みの港 ・・・
すでにバテバテだが、もうひと頑張りして西の港でも調査に行こうかとも考えたが、
何の情報も根拠も無く、モチベーションは高まらない ・・・
かといって、今居るこの港が朝を待って火を噴くという根拠も全く無く ・・・

悩ましいところだったが、体力は正直で、結局落ちるように、その場で休憩 ・・・
朝マズメ、いつもの港で竿を振ることとなった。

夜明け前の暗い海に 夜光カラーの JA-KO をキャスト !
期待を込めて超真剣にジグヘッドのフォーリングに集中するも無反応 ・・・
ある程度深度をとったところで、いよいよリトリーブを開始!
礁楽 のブランクスが伝える感度と、ガウス20X のハンドル越しの感触に意識を集中する !

そして点々とキャストしながら歩き回りつつ、港内を探っていると ・・・

「 カッ ! ! 」

突如リトリーブ中の ガウス のハンドルに伝わる繊細な衝撃 ♪
昨晩から沈みっぱなしの真っ暗な心に、小さな火が灯るのを感じる。(笑)
寝ぼけ気味の意識は一気に吹っ飛び、暗がりの中、何故か意味も無く目を見開き、次のリトリーブに集中 !

すると ・・・ いつの間にかリグに重みが追加され ! ?
感じる違和感に慌ててアワセをくれたら、音も無くラインブレイク ・・・(汗)

「 居る居るぅ ~ (笑) 」 とヤラれているのに、何故か笑みがこぼれ、(笑)
急いで ジャコ をリグって、再びキャスト !
益々真剣にリトリーブに集中していると ・・・ 一瞬 GAUS-20X のハンドル回転がスルッと軽くなる ?

即座にフッキングを見舞うと、今度は一気にテンションがかかり、生命感が発生 ♪
なんとも言えない 「 捕らえた感 」 が漂い、恍惚感に満たされる。

「 次はどんなアタリがでるのか ? 」

「 もしやこれもアタリか ? いや、違った ・・・ (苦笑) 」

「 お ! 今度はのった ♪ 」

多様なアタリを楽しみつつ釣っていると、しだいにカマス側の活性も上がってきたようで
フォーリング時、JA-KO をわずかにシェイクし、その極細テールを繊細に震わせてみたところ ・・・

狂ったようにバイトが連発 !

さらに夜明けとともに、次第にバイトレンジも上昇してきて、フォーリングさえ許してくれない状況に ! (笑)

朝マズメの短かな時間でしたが、ランガンの疲れも吹っ飛ぶ、充実した時間を楽しませていただき、
またシーズン終盤とあって魚の型は良く、引きも楽しめました ♪

日々飛び交う釣果情報
一箇所に留まらず、大海原を日々移動していく海の魚達
何の根拠も無い場所で竿を振るより、
「 昨晩釣れた ! 」 「 今朝もでた ! 」 「 今、ベイトが接岸してて ・・・ 」
「 何処何処がやたら釣れている ♪ 」 等、直近の情報にもとづき釣り場を選択したほうが、
より確率よく、また期待度高く釣りを展開できます。

しかし、その一方で ・・・
「 ポイント激混み ・・・ 」 「 急いでいったけど終わってた ・・・ 」 「 昨日までは良かった ・・・ 」
いわゆる 「 祭りの後 」 状態に遭遇してしまう事も多々起きます。

個人的には、とりわけ海の釣りは
「 情報に踊らされても、それでも情報を追ったほうが無駄は少なく、効率的 ! 」 な気はしておりますが ・・・

身近なポイントに通って楽しみつつ、時に情報に乗って踊ってみつつ ・・・
上手くいく展開も、裏目る展開もありますが、それでも懲りずにジタバタ動いていれば、
やっぱりいずれ魚には出会えるかと ♪

急ぎまくるもよし ! 回りまくるもよし !
釣果に向かって、あれやこれやジタバタと動いているときが一番楽しい時ではないかと ♪

今回の使用タックル

ロッド : 礁楽 SL-611UL
リール : GAUS 20X
ライン : PE 0.6号 + フロロ 5lb
ルアー : ジグヘッド( 3g ) + JA-KO ( GLOW )