FRESH VOICE

「 フラットばっか … 」ってワケでもない♪ ~ FLATBACKER ~

「 カチン ! ! 」

パチンコ玉同士をぶつけたような強烈な LBO の動作音が夜明けの浜に鳴り響く。

シーバスっ気が薄まり、ちらほらとヒラメが現われ始めていた富士川サーフ。
待ってましたとばかりに FLATBACKER を引っさげて、朝マズメに馳せ参じたのだが …

当たらん …
全くもって … 当たらん … ( 笑 )

それでもしばし黙々と、美しい日の出を眺めながら、波穏やかな海へ、期待の地形変化へ
フラットバッカー を泳がせる。

一見、懐かしき 「 リップインベイト 」 を彷彿させるこのミノーだが、
その内側にはメガバス最新システムである LBO ( Linear Bearing Oscillator ) を内蔵 !

キャスト時は、リップインベイトより受け継ぐメガバス伝統のエアロリップフォルムと相まって、
安定した弾丸軌道でブッ飛んでいく !

そして着水後は、リトリーブによる僅かなルアー姿勢の変化によって
これまた LBO の効果が発揮され、ウェイトブッシュが超速やかにルアーフロント側へ移動。
抜群の立ち上がりの速さでアクションを始動 !

ルアーアクションは艶かしいウォブンロール !
ヒラメの興味を誘う為にウォブルによる派手な存在感 …
ワイドなアクションに伴う不快な 「 引き抵抗 」 を軽減する、適度なロールアクション …
両者を絶妙にマッチさせた味付けとなっており、
十分なアピール性と、僅かな流れをも消しさらない適度な巻き心地の両立が実現できております。

… と、ルアー性能は抜群に素晴らしいのだが …
残念ながら未だアタリは無く … ( 苦笑 )

いよいよ陽が昇り、マズメのプライムタイムも終了かという時、
私の狙っていた目の前の縦潮目に、視界右側から何処からともなく小さなベイトボールが流れてきて、

横切る …

つい今迄、散々投げ倒し、無反応だった潮目 …
「 期待できんな … 」 と油断した、その矢先 ! ?

   『 ポン ! ! 』

                 『 パァン ! ! 』

突如、潮目の上で水面が割れ、スズキが魚体を宙に回せてボイル ! ?

「 嘘だろ ? 」 と呟きつつも、体は素直に反応し、即座に FLATBACKER をキャスト !
期待しつつリトリーブするも、まさかの無反応 … ( 笑 )

… と、見ている間にベイトボールは左へ流れ …
スズキも追いかけるようにボイルしながら一緒に流れ …
遠ざかり消えてった …

呆気にとられるほど一瞬の出来事 …
まさに 「 右から左へ受け流す ♪ 」 感じで … 思わず笑った …

「 分からん … 」
「 確実に魚はここにいたはず。 この潮目に絡んで潜んでいたはず … 」
「 潮目をベイトが通るタイミングでのアタック … ベイトは食うけど、ルアーは無視 ? 」
「 リトリーブ方向 ? 縦に通すのではなく、スズキの前を横に通すべき ? 」
「 いやタナか ? モロ表層を通すべきだったのか ? 」
「 う~ん … 分からん … 」

… と、一人唸り悩みつつ、いよいよ 「 祭りの後 」 感たっぷりな中、諦めがちに潮目に投げた数投目 …
ファーストブレイクまで泳いできた フラットバッカー に突如 …

『 ドス ! ? 』 っと衝撃 ! !

「 ジージー ♪ 」GAUS 30X のドラグを鳴らして、サーフを走り回ってくれたのは …

スズキ君 …

相変わらず、縦潮目に対して平行にルアー投げていたのだが …

モロ中層だし …

それに、君はさっきベイトボールに憑いていったハズだよね ?

だいたい今日は FLATBACKER でヒラメ釣る予定だったのに ~

「 う~ん … 全然分から~ん ! ! 」 ( 笑 )

今回の使用タックル

ロッド : シャドウ パンゲア SP-100 M
リール : ガウス 30X
ライン : ドラゴンコール 8ブレイド PE 1.2号
ルアー : フラットバッカー ( GG PINK BACK RAINBOW )