FRESH VOICE

亀山ダムレポート

今年は残暑らしい暑い日が少なく亀山の水温も順調に下がってきており朝は26度台まで下がってきました。
上がりの26度ではなく下がりの26度となるとシェードという要素が外れつつある状況で、これまで夏の場所で固まっていた魚達は散り始めてきていて本湖のフラット3~5mにバス・ベイト共に集まってきている状況でした。もちろんまだ夏のエリアにも残っているのでどちらでも狙っていける。そんな状況でした。
本湖フラットではパタリロのキャロでグッドサイズがっ!

matsumoto_20140925_2

少し前まではキーパーサイズが多かったのですがついにこのサイズも入ってき始めているので今後の本湖フラットは期待できるエリアです‼

アクションは基本ズル引きで時折トゥイッチを加える感じです。

バイトの出方はラインが走って持っていくほど亀山のバスにはパタリロは大人気です。

キャロの他にはヘッジホッグスモラバのトレーラーとして、

matsumoto_20140925_1
matsumoto_20140925_3

ブリンブリンのナイスコンディション!ヘッジホッグスモラバパタリロをがっつりバイト!こちらは亀山では1年間季節を問わず外せないカバー打ちでっ!
この様な感じでキャロでもカバーでも使えるパタリロ。
特徴は極薄なツインアーム。スイミングで使えば小魚系、ボトムタッチでは甲殻類やハゼ系としてこれひとつで色々なタイプの釣りで使う事が出来るワームです。

この特徴を生かして魚系の動きや甲殻類系、ハゼ系のアクションをワンキャストの中に織り交ぜる事によりバスに対して魚か?エビか?ハゼか?というトリック的なアクションでバイトに持ち込むという事もできるワームです。

実際に冬場ではありますが同じ場所のボトムで釣ったバスがワカサギを吐いたりハゼを吐いたりという経験も多々あるので今回に限らずまだ少し早いですが今後の冬場のディープのDSについてもかなり期待のできるワームです。

またその他にも亀山では1年を通して大定番な岩盤の崩落系カバー周りを最近好調なTKツイスターjr.のNSバックスライドで打っていきナイスサイズをキャッチ‼

matsumoto_20140925_4