FRESH VOICE

「 山 」 な楽しみ ♪ 

梅雨前にして、この暑さ …
陽射しを避けて、山へ逃げ込む。

釣り場を探して県境を彷徨い、選んだ渓。

身支度を済ませ、竿先を振り振り、川面に向かいがてら、いきなり発見 !

山の幸 ♪

幸先よろし ! ( 笑 )

渓相もまずまず ♪
程よい大きさの淵がポツポツと現われる。

海のように期待できる地形の場所で、潮が効いたり、流れが効くタイミングに合わせるのとは違い、
歩を進めるたびに、次々と変化に富み、美しい風景の釣り場が現われる、渓流の釣り。
これもまた、楽しい。

シンキングミノーを打ち込みつつ、釣り上る。
流れの中から20cmほどのアマゴやイワナが現われ、ミノーにじゃれつき、逃げ戻っていく。

「 大型は何処にいる ? 」

ポツポツと魚と遊びながら釣りのぼり、目の前に現われた淵。
見た目に垂涎の淵。
いかにもな感じ。

「 ホンモノ 」 な腕前なら、躊躇無く最奥の位置にミノーを撃ち込み、流れに乗せつつ、
舐めるように岩影を通すのだろうが、キャスト精度にひよった私はちょい手前から … ( 笑 )
岩陰から50cmほどの間隔でミノーを踊らすも無反応 …

続くセカンドキャスト。
いよいよ真剣に、最奥にミノーを撃ち込み、流れにのせつつ、岩陰タイトにミノーを躍らせると …

「 スパァン ! ! 」

と弧を描きながら今までと異なる大きさの黒い影がチェイス !
猛烈な勢いで狂ったようにミノーを追いかけ、手前の浅瀬の上で水飛沫を上げながらUターン !

2秒程の鮮烈な映像に煽られ、一気に開ける視界。

間髪入れず、同じ位置にミノーをアプローチさせ、同様に誘ったサードキャスト。
活性が上がっていたのは私だけでは無かったようで、先刻よりも早いタイミングでチェイス開始 !
口を拡げ、獰猛にミノーを追いかける様。
アクションのストップに、一瞬の間をおいてロッドに伝わる重量感 !
捕えた獲物を岩陰に持ち込もうと、もんどり打つ魚体と繊細な引っ張りっこ !

美しくて、凶暴な光景が見れました。

まだまだ先へと続く渓。
緑の風景、澄んだ水、涼しく軽い空気 !
極上の癒しの釣り場が、山の中にはあるのです。

おっと ! こちらは食卓を癒してくれますね ! ( 笑 )

今回の使用タックル

ロッド : デストロイヤー (フェイズ1) F1-61XS
リール : シマノ 2000
ルアー : シンキングミノー ( 5g )
ライン : PE 0.8号 + リーダー ( ドラゴンコール スーパーフィネス 4lb )