FRESH VOICE

トラウトシーズンの開幕 !  雪風景のお寒い解禁 …

いよいよ3月 !
トラウトファンの待ち焦がれる渓流の解禁となりました。
先月は、記録的大雪の影響で、私、全く釣りに行けず …
週末は、ひったすら雪かきに追われて過ぎてしまいましたが、
ようやく落ち着き、釣りにいけれる状態に ! ( 嬉 )

とはいえ、市街地の雪は除雪され、生活に支障はなくなりましたが、山間部には依然として雪多く、
ましてや渓谷となる渓流トラウトの釣り場においては、まだまだ深い雪が積もっております …
また、このような状況を考慮し、山梨県内各漁協も解禁日の延期こそしませんでしたが、
解禁に合わせた魚の放流を今回は延期されております。

まあ、そんな状況でも、「 解禁 」 というフレーズを聞くと
何故だか無性に釣りをしなければ損な気がしてしまい、厳しさ承知で雪の残る渓へ向かってみました。

そして今回の寒々な釣行の相棒はコイツ!
X-55 ! ! ( GG オイカワ ♀ ? )

通年で考えると 渓流ミノーイングではシンキングミノーを多用し、
メガバスであれば X-55 GREAT HUNTTING を使っておりますが、
今回のような、まだまだ寒い時期での渓流は、魚の追いも悪く、基本的に川を下りながらダウンクロスで攻め、比較的じっくりとミノーを見せ、バイトを待つという状況が多い為、流れの中でのステイが可能で、
ゆっくりと攻められる、ノーマルの X-55 を選択 !

また、雪解け前のこの時期、今回の川は水量も少なく、そんなに深いレンジをとる場面は少ない為
フローティングで問題なしといった感じ。
* とはいえ、水温の低い時期ですので魚が深みに溜まることは大いにありますので、
堰堤や深度のある淵対応用に ヘビーシンキングミノーは必須 !

無論、今回の釣行でも要所要所でシンキングミノーを使用しております。)

尚、掲載画像を見て
「 じゃあどうしてサスペンドの X-55 使ってんの ? 」
と疑問を持たれた方もいらっしゃるやもしれませんが
答えは単純で …

「 間違えました … ( 笑 ) 」

急いでタックルボックスの中から選抜し、数ある X-55 の中で光輝いていたほぼ新品状態のこやつを、
即行でルアーケースに放り込み、ダッシュで釣り場に向かい、いざタックルセッティングを終えて、
ブログ用に写真とっておこうと思い、マクロでまじまじと X-55 にフォーカスして…
「 ぐわぁ … ! ! 」 て感じでした。( 笑 )
まあ、やることは変わらないので気にしない …

さて、釣り場は予想通りの雪景色 …
幸いなことに川自体が雪に覆われているといった状況では無かった為、釣り開始 !

川を下りつつ 狙いのピンに X-55 を撃ちこみ、期待のトレースコースを泳がせ、流れの中にしばしステイし、
時折優しくトゥイッチを織り交ぜドキドキしながらアピール !

久々のミノーイング !
おまけに釣り自体も久々とあって、ルアー操作が無性に楽しい !
残念ながら魚からの反応はないが、ぐんぐんと川を下りつつ、次々と目の前に現れる、
いかにも釣れそうなポイントを独り占めして食べていく !

例えば …

意地でもミノーを打ち込みたくなる穴 !

無反応 …

深みのある堰堤 !

無反応 … ( 汗 )

「 流れ・深み・物陰 」 と三拍子そろったポイント ♪

ポイント ! !

無反応 … ( 冷汗 )

それから川を下ること3時間 …

無反応 ! ! ( 涙 )

「まあ、予想通りの展開だな … 」
などと一人知った風にかっこつけてはみたものの

ふと辺りを見回すと、山々から降りてくる冷気 …
なんだか急に寂しげな空気感が漂いはじめ …

「まあ今日のところは、これぐらいで勘弁しといてやるか ! 」
と捨て台詞をかまし、逃げるようにそそくさと納竿 ! ( 笑 )

残念ながらのノーフィッシュ …

1mm の爪あとも残せず …

残せたのは足跡のみとなりました … (´・ω・`) ショボーン

こちらは帰りがけ、俯きがちにトボトボと歩いていて見つけたシカの足跡 …

次回は頑張ります ! !

今回の使用タックル

ロッド : トラウトロッド 5.7 feet
リール : シマノ 2000
ルアー : X-55 ( SP )
ライン : ドラゴンコール スーパーフィネス 4lb