FRESH VOICE

真冬のヘッジホッグスモラバ

よくお客さんに聞かれます。

『琵琶湖で一番釣れなくて厳しいのはいつですか?』

もちろん冬!!…なんですが冬と言えど厳密に何月から何月までが冬!…なんて決まっていません。。

僕が思う一番キツイ時期とは…

1月15日~2月15日までの1ヶ月の区間だと思っております。

もちろん寒波などによりその年によって一概にその1ヶ月間が一番厳しいとは決まってはいませんが琵琶湖の最低水温を迎えるのは一月下旬。

それを挟むその期間が今までさんざんキツイ思いをしたことが多々あります~(^-^;

シャローに春を意識したバスがウロウロと動き出すのがバレンタイン以降なのは経験から感じています。

そいつが食うか食わないかはタイミングや日によって異なりますがバレンタイン以降はシャローにバスが一気に寄ります!

もちろん冬のバスは夜行性の気質が目立ち、昼間より夜に動きが活発になるのは知る人は知っている事実だと思います(人によっては違う意見もありますが)。

まぁまぁ、色々語るのもアレなんでここいらで止めておきますが、僕もこのドSな琵琶湖にガンバって出ておりますよーーー!!

北湖がこの時期南湖より水温が高く比較的寒波などの天候に左右されにくいので、よくバウを北に向けるのですが、

魚礁やマンメイドなどに対して普通はジグ→ネコリグを投入しますが、最近の琵琶湖のバスはなにせネコリグに対してスレている傾向は否めません。

ウィードレイクが故にスモラバを投げるアングラーが非常に少ないのが盲点で琵琶湖のバスはスモラバに対してのスレがあまりありません。

なので

タイミングさえ見計らえばまだ、厳冬期と言えバスをキャッチし易いのです。

アクションは特に変わった事をする訳でもなく縦さばきのボトムバンピング&ポーズが基本。

水深がある魚礁やマンメイドを狙うことが多いので3.5g~5gのヘッジホッグスモラバをチョイス!

あとは魚礁などに潜られないようにバイトを感じたら(冬バスなので重いだけの当たりが多い)強引に竿をたてて魚礁などから引き離すことがキモになってきますね(^^)/

Android携帯からの投稿