FRESH VOICE

渇水の夏…。渓に恵みの雨を願う!

異常気象な夏…。

猛烈な暑さ。

都市部でのゲリラ豪雨。

全国各地で被害をもたらした「これまで経験したことの無い集中豪雨」・「命の危険を伴う豪雨」。

そして、全く雨が降らない渇水地域 …。

一体どうなってしまったんだろう?

そんな想いの中で、先日、下界の熱さを避け、山奥の渓流探しに、山中を彷徨っていた時だった。

当ても無く林道を走り回り、見つけた渓流。

水は枯れ、流れていない …。

山奥に入り込めば、多少なりとも山間部で降った雨水が存在するかと思ったのだが …

こんな山奥でも、全く雨は降っていない…。

流れが消えた渓に、取り残された淵。

こんな水溜りが、点々とある。

水辺に近寄り、付近を見ると。いくつもの沢蟹の死体…。

かわいそうに…

高水温・低酸素…過酷な状況なのだろう。

これだけの沢蟹が生息している渓流。

水さえあれば、流れがあれば、とても豊かな渓なのだろう。

ふと、点在する水溜まりに波紋が広がる。

私の影に驚いて、何かが石の下に逃げ込む。

そっと石をどけて見ると、20cm程のアマゴを発見!

 

魚たちは、この過酷な状況の中で、なんとか生きていた。

魚の存在に感動し、点在する水溜りを確認して回ると、

とある淵にて、尺(30cm)程のアマゴが泳いでいた。

無警戒に溜まりの中をグルグルと泳いでいる。

私は、写真を撮ろうと、そっと水辺に近づくも、アマゴは逃げない。

カメラを構え、ファインダー越しに魚を見ると、どうも様子がおかしい…。

同じ位置を回遊し、口とエラを激しくパクパクさせ、とても緩慢な動き…。

恐らく酸素が無いのだろう…。

高水温と、低酸素状態にやられて、意識が朦朧としてしまっているのだろう…。

こんな赤茶け、止まった水の中では無理も無い…。

魚体が大きな分、先ほどの小型のアマゴより、必要とする酸素量が多いのかもしれない。

厳しい状況だ…。

先日降った久々の雨で、多少は回復しただろうか?

近いうちに確認しに行こうと思う。

週末には、台風の接近に伴い雨が降るということだが、どうだろう?

被害をもたらす程、降るのは勘弁願うが、

山や森に、そして川に潤いをもたらす恵みの雨が降ることを願う。

どうか必要な場所に、必要な分を!