Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.90

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.90

back

team_blog_banner

 

昨年リリースされたアイテムの中で、特に人気のあるマグドラフトシリーズ。

ご愛用頂いているアングラーの方も多いと思います。

マグドラフトは6インチにはじまり、昨秋5インチを、今春8、10インチと追加でリリースされフィールド、サイズを問わずより幅広く使えるラインナップになりました。

もう一度、マグドラフトの特徴をおさらいすると・・・

 

1、 なんといってもマグホールドシステム(PAT.P)

2、 ファーストリトリーブ可能

 

この2点が大きな特徴だったと思います。

2つの特徴を生かして、流れの中や、広範囲をスピーディーにサーチすることを得意とし、一定速度以上で巻けるからこそ魚のバイトも深く、フロントフックだけでもキャッチ率が高いことが特徴でした。

 

ただ逆に言えばスロー~デッドスローで、弱く漂わせることは少し苦手という側面も持ち合わせたルアーでした。

特性という意味では、アグレッシブな元気のある個体を狙っていくことが得意なマグドラフトだったと思います。

そこでそのマグドラフトの守備範囲外を埋めるルアーとして現在テスト中のルアーを本日はご紹介します。

 

 eb_vol90_01

 i-BRAKE(アイ・ブレイク)

 

ボディサイズはマグドラフト6インチ同様、15cm前後。シルエットもアユやオイカワといった一般的なベイトフィッシュをイメージできるようなスリムなデザインです。

一見するとマグドラフトと似たような見た目ですが、マグドラフトとは真逆の魚を攻略することに長けたルアーです。

ここまで説明すれば、勘の良いアングラーならだいたいのコンセプトは分かっていただけるはずです(笑)

 

 eb_vol90_02

 

ルアーフィッシングは1種類で完結するなんてことはまずあり得ません。

同じベイトを捕食している魚に対してであっても、時間帯や、状況で様々なアプローチが必要となります。

そんな隙間を埋めることができるルアーを現在開発中です。

 

関連記事

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-89/

team_blog_banner

 

 “MAGDRAFT series” is the one that is the most popular among all the items that were released last year.

There must be so many anglers who are using them.

The size of MAGDRAFT started from 6 inch and 5 inch was added last fall, 8 and 10 inch were added this spring, now there are wide range of lineup regardless of sizes and fields.

Let’s review one more time here…

 

  1. Of Course! Magnificent MAGHOLD SYSTEM (PAT.P)
  2. You can use in fast retrieves

 

These 2 points are the biggest features.

They are good at searching speedy in water flow or wide range by utilizing these 2 features.

Fish bite deeply because you can reel in faster than certain speed and the rate of catching by only a front hook is remarkably high.

 

On the other hand, this lure is not so good at floating weakly in slow to dead slow retrieve.

The best feature of this MAGDRAFT is aiming for aggressive and vivacious guys, I would say.

I will introduce you today the lure that can cover the area this MAGDRAFT can’t cover, which is still under testing though.

 

 eb_vol90_01

 i-BRAKE

 

Body size is 6 inch (approx. 15cm) which is same as MAGDRAFT.

A silhouette is slim that you can picture the conventional baitfish such as Sweetfish and Zacco platypus.

 

Although, it looks similar to MAGDRAFT at a glance, this is the lure that can capture totally opposite type of fish that MAGDRAFT can capture.

By now, I assume that the anglers who are quick already know the concept roughly. (lol)

 

 eb_vol90_02

 

It’s impossible to be done with one lure, comes to lure fishing.

You need to approach differently even for same fish that preys on same baitfish depends on hours and conditions.

We are currently developing the lure that can cover the opening.

 

Related article

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-89/

team_blog_banner

 

去年发售的商品中,特别有人气的MAG DRAFT系列。

正在使用的钓手应该也非常多。

MAG DRAFT刚开始是6inch,去年秋天发售了5inch,今年春天追加发售了8、10 inch的产品,成为了不分钓场、尺寸可以更广泛地使用的阵容。

重复再一次温习MAG DRAFT的特征就是・・・

 

1、不管怎么说Mag hold系统(PAT.P)

2、可以快速收线

 

这2点应该是最大的特征。

活用这2个特征,擅长在流水中或广扩范围中进行迅速搜索,正因为在一定速度以上会卷起来让鱼咬钩也会深,即使只用前面的鱼钩,钓到鱼的概率也会很高是它的特征。

 

但是反过来说从慢~极慢,进行柔弱地漂浮方面有点不擅长的路亚。特性方面,我觉得瞄准具有攻击性的充满活力的个体应该是擅长的MAG DRAFT。

因此作为填补那个MAG DRAFT防守范围外的路亚,现在正在测试中的路亚今天给大家进行介绍。

 

 eb_vol90_01

  i-BRAKE

 

身体长度跟MAG DRAFT 6inch一样,15cm前后。

形状也是一看就能联想得到香鱼或宽鳍这种一般的游钓鱼的细长的设计。

说到这里,想象力很丰富的钓手应该知道大概的概念了吧。(笑)

 

 eb_vol90_02

 

路亚垂钓只用一种来完结是绝对不可能的。

即使是针对捕食同样游钓鱼的鱼,根据时间段或状况等需要进行各种各样的研究。

可以填满这种空隙的路亚现正在开发中。

 

Related article

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-89/