Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.117

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.117

back

team_blog_banner

 

石田です!

例年よりまだ暖かいと思っていた浜松も寒波と共に一気に冬を彷彿とさせる気候になってまいりました。

世間的にはオフシーズンと呼ばれる冬ですが、僕に「オフ」と言う言葉は少なくとも釣りには存在しません!

 

そんな冬にも効果的な以前、MEGABASS Engineering Team Blog Vol.107で紹介したボトムスイムベイトの全貌に迫っていきます。

 

 eb_vol117_01

 

メガバスにも存在するマグドラフトと言った表層、中層のスイムベイトは近年再ブームと言える程に増え、数多く存在していますが、今回のコンセプトはボトムを引くことに重点を置いた専用設計。

 

ボトム「専用」と言えるのは何故か?

 

まず、腹部に配置されている大きな胸ビレは、リトリーブ時にボトムで横を向いての倒れ込みを防ぐ役割を果たします。もしキャスト~着水~着底時に横を向いてしまっていても巻き始めると同時に低重心化された配置の内蔵ウエイトが瞬時にボディを起き上がらせます。

 

 

差別化するのならば、テキサスやスイミングジグがボトムで姿勢を保つ事は難しく、場合によってフックポイントが下を向いてしまいスタックしてしまいます。

頭部から背中にかけてセットされたシングルフックは、左右2枚の背ビレがフックポイントを隠し、対ストラクチャー対策としてインビジブルストラクチャーをよりタイトにアクプローチ可能とし、ハードボトム、ウィードエリア、無数に絡むティンバーや杭に対し障害物回避性能を向上させ、初めて訪れるフィールドで恐れることなく地形変化を探る為のパイロットルアーとしても使用して頂けます。また、回避性能に偏り過ぎると懸念されるフッキング率は潰れやすいマテリアルを採用し、針持ちやアクションレスポンスを損なわないワーム硬度の14~16度の比較的柔らかい素材で検討しています。

 

アクションは魚のミスバイトを軽減させる為、ボディにロールの入らない安定感のあるテールアクションを追求し、また、ボトムに腹部を触れながらも常に動くボディ形状に設定しています。これはリトリーブしている限りアクションし、ステイでは休んでいるハゼ系のベイトフィッシュをイミテートします。

 

 eb_vol117_02

 

ボトムノックを基本アクションとし、ボディ全体を纏うワーム素材はストラクチャーにタッチした瞬間に反発的な力を生み、クイックでイレギュラーなアクションを意図的に発生させることで逃げ惑うベイトフィッシュやストラクチャーから抜けた瞬間のリアクションバイトを誘発させることができます。

 

 

未開のボトムスイミングアプローチを可能にする新ジャンルにご期待ください。

 

team_blog_banner

 

Hi, I’m Ishida!

The weather suddenly made a quick turn into winter when cold wave came along right before entering December in Hamamatsu where it’s been warmer than usual.

In general, winter is called off-season, but the word “off” DOES NOT exist in my fishing life!

 

I’ll talk about everything of the bottom swimbait that I introduced you before in MEGABASS Engineering Team Blog Vol.107 which is effective for winter season.

 

 eb_vol117_01

 

Swimbaits for middle to upper range like MAGDRAFT of Megabass, for instant, are becoming popular again lately and there are thousands of them. But this one’s concept is an exclusive design focusing on dragging the bottom.

 

Why we can call this “exclusive” for bottom?

 

First, big pectoral fins placed on the belly part take a roll to prevent falling aside on the bottom while retrieving. Even if it falls aside at casting/landing water/landing bottom, the body gets back up right away when you start to retrieve because of the built-in weight with low center of gravity.

 

To be clear, it’s hard for Texas rig and swimming jig to keep the posture upright, and in the worst case scenario, the hook point faces down and will be stuck at the bottom.

2 dorsal fins on both side hide the hook point of a single hook placed from its head to back, so that it can approach much closer to the invisible structure as an anti-structure measure, and it can be used as a starting lure to search geographical features without a fear at the field you never have visited before with its dodging performance against obstacles such as the hard bottom, the weed area and the numberless timber and steak.

Yes, we are aware if we focus on too much of the dodging performance, it will effect on hooking rate, then we are now considering to use a rather soft material, hardness 14 to 16, so that it will not effect on the response nor the hook sustainability.

 

For the action, we pursued stable tail action without the body rolling in order to reduce for fish missing bites and designed the body shape to keep moving while the belly touching the bottom. This way, it keeps moving while retrieving and imitates the resting goby type bait fish when you stop retrieving.

 

 eb_vol117_02

 

The basic action is bottom knock, and worm material covering the whole body creates the repulsion force at the moment it touches the structure, so that it can purposely create quick and irregular action like bait fish that try so hard to swim away and you can also expect their bites by reflex at the moment it slips out of the structure.

 

Look forward to this new genre that enables uncultivated bottom swimming approach.

 

team_blog_banner

 

我是石田!

认为应该比往年要暖和的浜松也在12月快到的时候,同寒流一起一下就仿佛进入了冬天。

世间被叫做淡季的冬天,但在我这里“淡季”这种说法最起码在垂钓方面是不存在的。

 

这样的冬天也有效果的, 推出以前在 MEGABASS Engineering Team Blog Vol.107 有介绍过的水底游水型路亚的全貌。

 

 eb_vol117_01

 

MEGABASS中也存在像MAGDRAFT等表层、中层的游水型路亚近几年可以说是再次成为热潮在增加,存在很多种,这次的理念是以拉动底部为重点的专用设计。

 

为什么说是底部“专用”呢?

 

首先,放在腹部配置的大型胸鳍,起到防止收线时在水底横向倒下的作用。如果投竿~入水~到达水底时横向的状态下开始卷线的话,同时低重心配置的内脏重量能瞬间让身子立起来。

 

 

如果要区别开来的话,TEXAS或游水型治具在底部保持姿势很难,根据情况挂钩点有可能在朝下的状态下导致缠根。

头部到背中被组装在一起的简单只鱼钩,左右2个背鳍将挂钩点隐藏,作为对遮挡物的对策,可以更加靠近隐形遮挡物,提升对坚硬底部,水草区域,无数次缠住的木头或木桩这种障碍物回避性,在初次来访的钓场不用担心,可以作为寻找地形变化的探鱼路亚来使用。还有,担心太注重回避性而影响上钩率,采用了容易破损的材料,正在检讨不损坏持钩或抖动动作反应的软饵硬度14~16度的比较软的材料。

 

抖动动作是为了减少鱼咬不到钩,追求在身体里旋转路亚达不到的稳定性的尾部抖动。还有,设定为在底部边触碰腹部边游动的身体形状。这个只要卷线就能抖动,停留的时候是在模仿正在休息的虾虎鱼系的游钓鱼。

 

 eb_vol117_02

 

将底部敲击作为基本抖动动作,全身的软饵材料当触碰到遮挡物的瞬间,产生反弹的力量, 通过刻意做出快速的不规则的抖动动作,可以引导从迷路逃跑样的游钓鱼或遮挡物离开的瞬间反应而咬钩。

 

未公开的可以接近底部游水型的新类型,大家敬请期待.