Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.116

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.116

back

team_blog_banner

 

MAGSLOWL (T-017)

 

 eb_vol116_01

 

eb_vol116_02

 

 

 

発売以来、多くのアングラーに支持され、メガバスの定番品の仲間入りを果たしているMAGDRAFT。開発当初から同時進行で開発が進められてきたのが、今回紹介するMAGSLOWL(マグスロウル)です。

 

そんな、MAGDRAFTが「動」のスイムベイトであるのに対し、MAGSLOWLは名の通り「静」のスイムベイトに仕上がっています。

 

 eb_vol116_04

 

形状を観察すれば2つのスイムベイトの特性は一目瞭然で、

上のマグドラフトは、テールで受けた水をアクションとして変換し、それをしっかりとボディ前方にまで力強く伝達させるため、ボディからテールまでのシェイプが比較的太いのが見て取れる。

相反して、下のマグスロウルは、非常に薄い(細い)シェイプなのが分かる。

ここに、アクションのキモがあります。

簡潔言うと、水を受けたテールは必ずローリングしようとします。そのローリングを徹底的に排除し、左右へのウォブリングだけのアクションにするためです。

 

 

マグドラフトは、

■ テンポ良く釣りを展開できる。

■ ミディアムからファストリトリーブでしか反応しない魚に口を使わせる。

■ 流れのあるシュチエーションでも、しっかりと泳ぐ。

というコンセプトのもと、低速ではなく中速を軸とし、リトリーブスピード域に幅を持たせたアクションを目指した製品でした。

このコンセプトは明確で、比較的早い段階でマグドラフトは、理想のアクションを出せていました。

 

eb_vol116_03

 

対して、マグスロウルは、

■  スローリトリーブでしっかり動く。

こちらのコンセプトは、更に明確ではあったが、アクションの質をどの方向性にするかが、最大のポイントでした。

 

 

世の中には、たくさんのスイムベイト、シャッドテールワームがあります。

その中で、ざっくりと大きく分けて2つに分けられる。

 

■ ローリングアクション主体のもの。

■ ウォブリングアクション主体のもの。

 

上記の2つに当てはめるのであれば、マグドラフトは前者であり、アクションの性質をしっかり差別化するためにもマグスロウルは、後者にするべきだという結論にいたりました。

もちろんそこには、魚の声を吟味しながら、です。

 

 eb_vol116_05

 

マグスロウルのアクションは、頭を振りません。

開発途中では、マグスロウルは低速でテールがウォブリングし、頭をヘコヘコと左右に振るアクションでした。

 

よく、テールのアクションをボディの頭まで伝達し、頭を左右にヘコヘコと振りながらのアクション・・・・という説明があります。なにも、それが駄目だとは思いませんし、むしろ釣れる大切な要素のひとつです。

なにより、メガバス製品の中にもスイムベイトではないですが、スパークシャッドがそのアクションを目指して開発されました。

 

さて、

中速、もしくは中速以上で釣れる魚には、マグドラフト。低速で釣れる魚には、マグドラフトをアクションするギリギリのスピードで使用するか、スパークシャッドを使用するかで、事が足りる。

つまりメガバスの製品として、なにもマグスロウルに、その「頭を振る」アクションは必要なかったのです。

 

そこで、マグスロウルのアクションを、「頭を振らずテールだけがウォブリングする」アクションへと修正し、更にテストを繰り返しました。

 

結果的に見えたものとしては、上で述べた、低速で釣れる魚には、マグドラフトをアクションするギリギリのスピードで使用するか、スパークシャッドを使用するかで釣れる魚、ではない魚が明らかに反応してくれました。

 

 

つまり、ここでようやくマグスロウルを製品化できる意味が生まれたのです。

ルアーローテーションとして、しっかりとマグドラフトやスパークシャッドと差別化できるスイムベイトとして。

 

そんな遅咲き?なスイムベイトMAGSLOWL(マグスロウル)。

2016年の新製品として、もうしばらくお待ち下さい。

 

team_blog_banner

 

MAGSLOWL (T-017)

 

 eb_vol116_01

 

eb_vol116_02

 

 

 

MAGDRAFT became one of our standard items as many anglers have supported ever since it was released. What I will be introducing to you today is the MAGSLOWL that has been developed same time as MAGDRAFT has been developed.

 

MAGSLOWL was completed as a swimbait of “still” as you see in its name in contrast with MAGDRAFT that is the swimbait of “motion”.

 

 eb_vol116_04

 

When you compare both shapes, it is apparent to see each characteristics, you can see the body shape towards its tail is rather big on MAGDRAFT (the one on the top) to convey the water, which is received by its tail, all the way to the front vigorously.

Contrarily, you can see MAGSLOWL, which is the one below, is very thin.

This is the key point for the action.

To explain in brief, the tail that receives water always starts to roll. In order to eliminate the rolling completely and keep only side to side wobbling action, the MAGSLOWL has very skinny shape.

 

MAGDRAFT

■  Being able to fish in a nice tempo.

■  Aiming for fish, which only responds to medium to fast retrieve, to open their mouth.

■  Swimming steadily even in a fast water stream.

 

Under these concepts, this product was made to perform in wide range of retrieve speed with a focus on medium speed.

These concepts were super clear from the beginning, that’s why it achieved the ideal action in a rather early stage.

 

eb_vol116_03

 

On the other hand, MAGSLOWL had only one clear concept.

■  Moving steadily in slow retrieve.

 

And deciding which way to go for its action was really critical.

 

There are plenty of swimbaits and shad tail worms in the market.

We can divide them roughly two kinds.

 

■ The ones with mainly rolling action.

■ The ones with mainly wobbling action.

 

When we determine “which is which”, MAGDRAFT belongs to the first one, so we came to the conclusion MAGSLOWL should be the second one in order to differentiate each action.

Of Course, we also took “fish’s opinion” into consideration as well!

 

 eb_vol116_05

 

MAGSLOWL doesn’t have the action of shaking head.

When it was still under development, however, MAGSLOWL had a side to side head shaking action with a wobbling tail in low speed.

 

I’ve encountered so many explanations like “The side to side head shaking action by conveying the tail action to its head.” I’m never against that, I even think that’s one important factor to catch fish.

But we already had the SPARK SHAD in our products, which is not a swimbait though, created to aim for the action.

 

Well,

We have MAGDRAFT for the fish that can be caught in medium speed and up. For the fish that can be caught in slow speed, using MAGDRAFT in slowest speed it can take or using SPARK SHAD are good enough.

That’s the reason, MAGSLOWL didn’t need to have the action of “shaking head”.

 

Therefore, we modified the action of MAGSLOWL to “wobbling tail without shaking its head” action, and repeated more tests.

 

We saw all the fish that wouldn’t react to those above would react to MAGSLOWL as a result.

 

Finally, there is meaning of putting the MAGSLOWL into production as the swimbait completely differentiating from MAGDRAFT and SPARK SHAD.

 

The late starter swimbait, MAGSLOWL.

It will be joining in our products in 2016.

 

team_blog_banner

 

MAGSLOWL (T-017)

 

 eb_vol116_01

 

eb_vol116_02

 

 

 

自从发售以后,得到许多钓鱼者的支持,列入了Megabass经典产品的行列中的MAGDRAFT。这次给大家介绍从开发之初开始就同时在进行开发的MAGSLOWL。

 

同时,对于MAGDRAFT“动态”的游水型路亚,MAGSLOWL如它的名字一样以“静态”的游水型路亚而完成。

 

 eb_vol116_04

 

观察两个游水型路亚的特性就一目了然,

上面的MAGDRAFT是,用尾巴接的水作为抖动动作进行变换,为了把那个抖动动作一点不差地传达到身体前方,可以看得到从身体到尾巴的形状相对比较粗。

相反,下面的MAGSLOWL的形状非常细瘦。

这个就是抖动动作的关键之处。

简单地说就是受水的尾巴一定会旋转。为了彻底排除那个旋转,做出只有左右摆动的抖动动作。

 

 

MAGDRAFT是

■ 可以开展节奏很好的垂钓。

■ 让只对从中速到快速收线有反应的鱼咬钩。

■ 即使在流水区域,也能稳定地游水。

基于这些理念,不是以低速而是以中速为轴,收线速度范围具有幅度的抖动动作为目标的产品。

这个理念是明确的,比较早期阶段的MAGDRAFT做出了理想的抖动动作。

 

eb_vol116_03

 

对于MAGSLOWL

■  用慢速收线来稳定地抖动。

这个的理念是,虽然更加的明确,但是抖动动作的特性定哪个方向,这个是最重要的。

 

这个世界上,有很多的游水型路亚、窄尾软饵。

在这其中,大概大分的话被分成2个。

■ 旋转抖动动作为主体的产品。

■ 摇摆抖动动作为主体的产品。

 

如果要适用以上2个的话,给出的结论是MAGDRAFT是前者,为了将抖动动作的特性彻底区分,MAGSLOWL应该是后者。

当然也要看鱼的喜好。

 

 eb_vol116_05

 

MAGSLOWL的抖动动作,头是不摇摆的。

开发中,MAGSLOWL是用低速尾巴进行摇摆,头左右摇摆的抖动动作。

 

经常有,尾巴的抖动动作传达到身体的头部,头左右摆动的抖动动作・・・・这种解释。当然,没有认为这个不行,倒不如说是钓到鱼的一个重要要素。

的确,Megabass产品中虽然不是游水型路亚,但SPARK SHAD是以那个抖动动作为目标而开发的。

 

那么,

对在中速,或者中速以上的情况下能钓到鱼的就是MAGDRAFT。低速的情况下能钓到鱼的是,要么在能让MAGDRAFT刚好抖动的速度下使用MAGDRAFT,或者要么使用SPARK SHAD,就足够了。

也就是说作为Megabass产品,MAGSLOWL不需要那个“头摇摆”抖动动作。

 

因此,将MAGSLOWL的抖动动作修正成“不摇头仅仅只尾巴摇摆”的抖动动作,并且进行反复的测试。

 

从结果来看到的东西就是如上所述,在低速下能钓得到的鱼,要么在能让MAGDRAFT刚好抖动的速度下使用MAGDRAFT,要么使用SPARK SHAD,钓不到的鱼反应明显不同。

 

 

也就是说,在此MAGSLOWL量产化的意义终于诞生了。

作为路亚轮换系列,能很好地同MAGDRAFT或SPARK SHAD进行区别化的游水型路亚。

 

那么晚才绽放?的游水型路亚MAGSLOWL。

作为2016年的新产品,敬请期待。