FRESH VOICE

カラシSWで良型メバル

こんにちは!

福岡の山浦です。

 

春の陽気があっという間に過ぎ、日中は暑いくらいですね。

 

海の中もだいぶ活気があり、連日良い釣果が出ています。

 

そんな中、発売間近のカラシSWのサンプルが届いたので早速メバルに使ってきました。

 

カラシSWはマイクロベイトパターン攻略に特化したプラグとのことで、アクションもI字系のよたりアクションと、シーバスのみならずメバルにも絶対効果的だろうと思いました。

 

私はメバルを狙う際は磯をメインとしていますので、サイズ感、重量的にドンピシャのプラグです。

 

まずは明るい時間帯にリトリーブスピード毎でどのレンジで引いてこられるのか確認。

 

カラシSWは顎の部分がカップ状になっているため浮き上がり易く、言い換えるとゆっくり巻いても一定のレンジをキープできるということ。

 

スローシンキングモデルはかなりスローに巻いても表層をキープできるので思わずニヤリ。あーこれは釣れるわ(笑)

 

ファーストシンキングモデルは9gもあって飛距離が出るので、早いスピードに反応しやすくなる5月、6月に早巻きでテンポよく探るのに良いと思いました。

 

ちなみに私は根がかりなどのトラブルを回避したいので、基本的には表層に浮いている魚を狙うことが多いです。

 

早速実釣。まずはスローシンキングモデルを選択。

 

スローシンキングモデルも5gあるので結構飛びます。

 

小潮のため緩い流れでしたが、カラシSWのカップがしっかり水を掴んでくれて潮流の変化を感じ取れました。

 

重い流れを重点的に攻め、表層をキープするイメージで潮に乗せて流していくと、程なくしてスコーンとバイト。

 

上がってきたのはジャスト30cmの赤メバル。

 

ヒットカラーは「GGハク」。

 

 

さらに、「どチャート」でも20後半の良型赤メバル。

 

飽きない程度にバイトが出て、締めにこれまた30cmジャストの赤メバル。

 

予想通り、カラシSWはメバルにも効果的でした!

 

通常のメバルプラグと違い、大きいフックが着けられるので伸びや折れの心配がなく、安心してゴリ巻きファイトできるのも好ポイントです。

 

店頭に並んだ際はぜひメバルでもお試しいただきたいです!

 

カラシSW釣れますよ~!!