FRESH VOICE

スイッシャーの魅力 ! i-WAKE という選択 !

コロナ感染拡大防止の為、大都市部においては未だ緊急事態宣言下におきまして

外出自粛とのことで、釣り人としては、なかなか大手を振っての、気ままな釣行が

しづらい状況下でございます。

 

それでも1月初旬、都内にて連日の2,000人近くの感染拡大の状況から

日々200~300人程度の感染に抑えられている現在の状況を考えますと、

移動自粛が目に見えて効果を発揮しておりますので、今しばし行動を我慢し、

ワクチン摂取の拡大と、その効果に期待しつつ、平穏な日常が戻る日が

早く訪れる事を願うばかりであります !

 

中澤 新一郎

 

さて、ただでさえ釣果厳しい激寒期に、

このような外出自粛の状況下でございますれば ・・・

今回は発売以来、シーバスにて愛用・多用しており

昨年末には、ぶっといヒラスズキを仕留めてくれた、

PROP DARTER i-WAKE について気になっている点を書いてみたいと思います !

 

 

本来は、琵琶湖発のブラックバス視点のルアーでございますが、

個人的に、かなりシーバス向きなルアーだと思っており、

愛用・多用しておりまして ・・・ 実際期待に応える釣果を上げてくれております !

 

 

基本として、デッドスローリトリーブ使用でのアピールに

重点をおいて製作されたルアーでもありますので、

その魅力がシーバスにも適するのは当然とも思えますが、

どうも釣行を重ね、使い倒してみると、この 「 スイッシャー 」 というルアー

その使い易さが増してくる感がありまして ・・・

 

どうやら基本となるタダ巻きでの強弱に留まらず、

ジャークやトゥイッチした時の力加減次第で調整できるアピールの幅が広く、

結果、適応できる場面が多く便利な為、使用頻度が増す感じ ♪

 

 

「 スイッシャー 」 の魅力の肝というか、ルアー構造が生み出す利点として

(テール)スイッシャーという構造上、アピールに際しルアーを引っ張った際、

ルアー後方に(プロベラによる)抵抗が生じるという点だと感じていて ・・・

 

釣り人がルアーを動かした際、即ちアクションをかけた際の

ルアーの移動距離が抑制されて、少なくてすむ点が、実は重要なのではないかと ・・・

 

( テール )スイッシャーの移動距離の少なさは、

当然、魚側のミスバイト回避にも一役買ってはいますが ・・・

それ以上に、シーバスにとって

この 「 確実に動いているはずなのに、あまり移動していない 」

というアクションは、好ましい魅力があると思います !

 

・・・ とここまでの話で、

なるほど 「 (テール)スイッシャー構造が効くのだな ! 」 となれば、

賢明な方なら、市場にある様々なメーカーのスイッシャーで

試してみようと思われるでしょうが ・・・

 

そこで何故、私が PROP DARTER i-WAKE を薦めるかと言えば ・・・

そこは、やはり飛距離でしょう ! (笑)

 

 

KAGELOU 等 ソルト仕様のぶっ飛びルアーと比較すれば

確実に 「 飛ばない 」 方に分類されてしまう i-WAKE でありますが ・・・ (笑)

プロベラが付属し、空力の悪い 「 スイッシャー 」 というジャンルの中では、

LBO IIで強引にドーピングした i-WAKE は、間違いなく異常に飛ぶルアーであり、

同サイズ比較なら、世界一ぶっ飛ぶスイッシャーだと思います ! (笑)

 

 

また重心移動に LBO を搭載したおかげで、

オリジナルとなる PROP DARTER 80 が停止時に、

ほぼ垂直姿勢だったの対し、

i-WAKE は、常に水平姿勢となり ・・・

 

 

 

棒形状のウェイトとあって、シャフトバランサー的に安定した

ロールアクションに作用している点も、非常に良いです !

 

魚を惹きつける魅力的なアクションを持ち、

搭載されたハイパワーな重心移動 ( LBO II ) でぶっ飛び、

その内臓ウェイトの恩恵でルアー姿勢とアクションの安定度まで増すという、

非常に理に適ったパッケージングの素晴らしさが、

明らかに、ルアーの使い易さと、釣果に繋がっていると感じておりますので ・・・

是非、皆様にも PROP DARTER i-WAKE の威力を味わって頂きたく思います !