FRESH VOICE

山陰のボトムチニング

こんにちは!お久しぶりです!!
山陰ソルトスタッフの福嶋信悟です。

 

7月~8月は釣行日に限って天候にフラれ、なかなか思うように釣りに行けておりませんでしたが、最近は少しずつ釣りを再開できております。

 

特にロックフィッシュゲームに行こうとすると海が時化るのは何故!?
あれ、何なんでしょうね(笑)

 

重なる時はビックリするほど重なります。
個人的に今シーズンはロックフィッシュとタイミングが合わないみたい・・・(笑)

 

そんな時に地元の釣具店さんから連絡が!

『福嶋くん!どうやら今年は中海チニングがキテるみたいよ!!』

 

え、え・・・、んっ!!??

 

この情報に、正直ちょっと微妙な反応をしてしまいました・・・。

 

と言うのも、私が山陰に来た約7年前から『山陰のボトムチニングは成立しにくい』と言われていたからです。

 

理由としてはポイントや魚のストック量が少なく、ルアーに高反応なキビレがいないこと。

 

しかし、落とし込みやフカセ釣りの大会が開かれるほどチヌが盛んな場所もあります。
(境水道周辺)

 

『チヌいるじゃん!!』

 

って話になるんですが、チヌエリアになるポイントは水深があって潮の流れも速い場所がほとんど。

 

軽いルアーでスローに誘えるようなシャローが少ない、というのが山陰のボトムチニングが成立しにくいと言われている理由の一つだと思っています。

 

ですが、ここ数年は宍道湖でチヌのフカセ釣りが賑わいを見せており、もしかするとチニングもあるんじゃないの?と思っていた矢先でした!

 

私はnadarメンバーだったこともあり、この波が来る以前も気が向いたら『ボトムチニングポイントの開拓』をしておりました。

 

まさか、このタイミングでチニング経験が役に立つとは思ってもいませんでした(笑)

 

連絡をもらった後日、ポイントをチェックしながら移動していると・・・竿先を叩くような独特のバイト!

 

すでに面白い!!そして、ちょっと興奮!(笑)

 

バイトの重さを感じながらフッキング!!

 

福嶋 信悟

 

待望の『中海チヌ』!!

 

 

タックルはSL-75MLSボトルシュリンプ3 inch

 

なんか、久しぶりに嬉しかった(笑)

 

どんな魚が釣れても『嬉しい』『楽しい』に変わりはないのですが、久々に感じる『ワクワク感』。

 

さらにナイトゲームでは年無しクラスも登場!!

 

福嶋 信悟

 

ヒットルアーはロックホッグ2.5inch!!

 

私の中では今のところ、ボトルシュリンプ3 inchロックホッグ2.5 inchのフリーリグがメインになっています。

(シンカーは3.5g~7g)

 

 

場所によってはメインベイトが『カニ』より『ハゼ』の方が多い気がしていますので、今後はハゼドンシャッドSW 3 inchも使いながら、エリアを広げて楽しんでみたいと思っています!