Megabass JAPAN QUALITY

HOME > YUKI ITO 鬼斬ブログ > 満員御礼!! YUKI ITO九州・熊本トークライブ

満員御礼!! YUKI ITO九州・熊本トークライブ

back

いよいよ大阪フィッシングショーに向けて準備も佳境に。運営スタッフも連日遅くまで準備に追われる日々が続く。さて、私はといえば、只今2月下旬に発売が決定した、自身のライフスタイル単行本「THE 鬼手仏心(kisyubussin)」の最終校正作業に追われていて、同時にFショー出展用のSUPER WEAPON、「PROJECT アナザーワールド」のプロトタイプ作成に追われているところ。そんなさ中、九州・熊本「山本釣り具さん」へ、トークライブに行ってまいりました。アシスタントは、元AKBの佐藤由加里ちゃん。実に沢山のご来場、ありがとうございました。

 

私は、父方が九州出身なのでとても親近感を覚えました。実家に帰省したような感覚?

 

数々の過酷なテストを経て、ついに、ジャパンメイドの極地ともいえる次元に到達したゼロフリクション・ド級のハイトルク・高剛性・超軽量リール、「SPECIALE(スペチアーレ)」の限定受注生産が決定。現時点でリールマイスター最大級の作り込み、新次元のハイパフォーマンスを発揮するスーパーリールが、大阪フィッシングショーで初披露されます。私のフェイバリット!です。

 

DSC_2648

 

 

 

そして、いよいよ世界各国のメガバス・エンスージアストの要望に応えて、個別のパーソナルオーダーを可能とするYUKI ITO‘S ONEMAKE ULTIMATE PERFORMANCE ROD(※限定受注生産)も、合わせてアンベールする予定。

センターバランシングスペーサー、ドライカーボンによるバイオニックグリップ、ガイド取り付け部分ごとに適切なテンション(張り)と剛性を生むドライカーボンアディションを施し、シャフト全体で驚異的なハイパワーを生み出す次世代の「ハイブリッドカーボンコンポジットシステム」を導入したNEWブランクを遂に実用化。世界初の「多段階・多弾性」ロッドです。

 

そんな「PROJECT アナザーワールド」をはじめ、本社の石田たちニュージェネレーションらが開発している、かの航空宇宙産業で有名な巨大素材メーカーのサポートによって実現したバリュー・コア・パフォーマンスロッドプロジェクト「SPEC-X」が、いよいよMSX GRAPHITE ROD「HYUGA」として、正式デビューします。

私も先日、西ヶ崎ファクトリーで触ってみましたが、全国の岸釣りアングラーにとって最高のスペックとパフォーマンスを発揮する新時代の息吹を感じさせるロッドに仕上がっていると思います。これらNEWアイテムの注目度の高さをあちこちで感じてます。

 

新たなシーズンインを予感させる今日この頃。大阪フィッシングショーでお会いしましょう!

 

DSC_2586

 

DSC_2602

 

 

 

 

TOPへ