FRESH VOICE

神戸沖太刀魚、シーズン開幕

皆さんこんにちは!

 

メガバススタッフのトシユキです。

 

日本各地で太刀魚のシーズンインが訪れていますが、私のホームグラウンドである神戸沖でも始まりました!

 

今シーズン初めての太刀魚ジギングでしたが、今回お世話になったのは西宮から出航の「釣人屋」さん。

船長さんはもちろん、中乗りさんも気さくで丁寧に対応してくれる人気の船宿さんです。

 

出航して20分ほどで釣り場に到着し、いざ釣り開始!

 

本日の潮回りは小潮、水深は65m、水色は普段通り、潮はゆっくり下げて行く感じ・・・。

 

シーズン初めの神戸沖で効くSLASH BEAT150gのゼブラグローをセットして、指示棚の底から10m付近を早めのワンピッチでチェック。

 

じゃれてくる感じはあるものの、なかなかフッキングしません・・・。

 

そうこうするうちに周りはポンポンとF3~F3.5サイズを釣り上げていきます。

 

少し焦りが出てきますが、慌てずカラーをアカキンゼブラにチェンジし、ロングフォールを混ぜながら、少しジャークのスピードを抑えてみるとゴツン!

 

 

F3.5ほどの元気な太刀魚をゲット!

今シーズンの一匹目です。

 

その後もガンガン当たってくるような感じではないものの、同じパターンで7本追加!

 

 

 

しかし、潮止まりと共に船内は沈黙・・・。

 

再び潮が動くのを待つ間も色々と試しますが、全く食わない時間が続きます。

 

猛暑の中、さすがにこれは辛い時間になるところですが、今シーズンのニューアイテム!GAME HOODIEのおかげで疲労もかなり軽減できます。

 

 

袖先にフィンガーループが装着されているので袖のめくり上がりを防いでくれて、日差しからもしっかり守ってくれます。

ほんと非常に着心地の良いウェアです。

 

夏の暑さ対策は水分補給だけでなく、ウェアも大切ですね~!

 

そろそろ潮が動き出すというタイミングで、ゆっくりとフォールを混ぜながらジャークを試しますが、反応がありません・・・。

 

しかし、早めのワンピッチに切り替え探っていくと、じゃれてくるような反応が!

 

さらに鋭くジャークを繰り返すとゴツン!

 

潮止まり前とは打って変って、早めのシャープなジャークでジグを出来るだけ長くホバリングさせると反応することが分かったので、すかさずSLASH BEAT BACK SLIDER、大好きなバナナカラーにチェンジすると、そこから連発!

 

残り時間は少なかったですが、さらに12本を追加してストップフィッシング。

 

 

 

手を替え品を替え、ころころ変わる太刀魚の反応にどうやってアジャストしていくか、持てる引き出しをフルに使って答えを出していくのが、太刀魚ジギングの楽しいところでもあり、難しいところでもあります。

だから、ハマるんですが・・・笑

 

経験上、デカいのが釣れる確率はシーズン初めの方が高いので、暑さ対策と感染防止対策をしっかりして、ビギナーからエキスパートまで楽しめる太刀魚ジギングに皆さんもハマってみませんか?

 

タックルデータ

PE0.8号

リーダー5号

先糸16号

 

使用ジグ

SLASH BEAT

SLASH BEAT BACK SLIDER