FRESH VOICE

オッチー的!!時合いを掴むハードベイト攻略!

どうも。オッチーです。

 

今年は寒くまだ季節的には冬って感じですが、フィールドは刻々と春に近づいています。

先日も春らしい太い魚を釣ることができました。

 

 

 

もちろんタイトル通り、ハードベイトを使って釣りましたのでご紹介したいと思います。

 

早春に効くストップ&ゴー

早速、釣り方を紹介する前に皆さんに質問です。巻けるし止めることのできるハードベイトで思いつくルアーはなんですか?

 

多分、ジャークベイトやシャッドプラグを思いついた方がほとんどと思います。

 

この、「止める」が重要で、春に向けて今からスポーニングモードになる魚に効くと感じています。

 

なぜなら、冬で越冬していた個体が春を意識したタイミングでガンガン動いているとは考えにくいからです。ですが、スポーニングに向けて体力をつける為にエサは食いたい。そんな魚に対して、当て込んでいけるのがジャークベイトやシャッドプラグなのです。

 

 

メガバスでは、キングオブジャークベイトに君臨するONETENシリーズ、シャッドプラグではSHADING-Xシリーズがあります。

 

 

どちらのルアーもタイトなロールアクションが特徴です。また、止めたときに若干頭下がりの姿勢で動き出しのレスポンスが最高です。例えば、ポーズの姿勢が水平だと姿勢としては良いのですが、動き出しが遅くなる傾向があります。個人的にはポーズ姿勢と動き出しのバランスがちょうど良い感じで取れているルアーと感じていて好んで使用しています。

 

 

使い所としては、写真のようなハードボトムが絡むブレイク周辺です。

 

季節感的にはシャローまで上がっているバスを狙うというより、スポーニング場の一段下にいるバスを狙うってイメージですね。

 

 

もちろん、ブレイクの下をうろうろしているというよりは、越冬場からタイミングでブレイク近辺にエサを捕食しにくるイメージです。この一瞬のタイミングはワームよりもプラグを巻いた方が効率が良いのです。もちろん、バイトが多発する釣り方ではないですが、一撃でデカい魚が釣れる中毒性のある釣り方なのでオススメです。

 

 

また、ブレイク以外でも写真のような池の水門などの縦ストでもオススメです。

 

まだまだ春はこれからなので、皆さんも春のデカバスをハードベイトで攻略してみてください。