FRESH VOICE

ザリガニ食いにはボトルシュリンプ

こんにちは!オッチーです。

スポーニングも地域でさまざまな状況になっていると思います!!

状況を把握し、エリアを絞る事が釣果に直結する時期ですね。

 

■ザリガニ食いにはボトルシュリンプ

越智 一輝

 

野池で釣りをしている方なら誰もが目にするザリガニ。一般的には水温15℃を境に活動をしだします。
地域差はありますが、3月下旬~5月上旬に水温が15℃以上になりザリガニの活動を盛んになってきます。

 

最近では季節進行の遅めの山間野池に出向くことが多く、ザリガニを捕食している大型なバスを狙っています。
そんな時期に活躍するのがボトルシュリンプ4インチ

 

 

個人的にはラバージグが好きなので、トレーラーとして使うことがほとんどです。

もちろん、テキサスリグやフリーリグとの相性の良いのでオススメです。

 

 

アクションは特徴的な太めのアームの水押しでアピールするってイメージで操作してください。
個人的に細かいシェイクを早くするのではなく、ゆっくりとアームを「ボワン」と動かしていくイメージです。

 

 

狙う場所としては、泥が溜まるシャローか粘土質のバンク沿いがイイと思います。

カバーを絡めていく釣りなので、ロッドはVALKYRIE VKC-611MHがオススメになっています。

補足ですが、ヘビークラスじゃダメなの?と思う方もいると思います。
もちろんヘビークラスのロッドでも構いません。
ですが、個人的にキャストスペースがとれない場所を多々あるので、強さの中に柔軟性のあるVALKYRIE VKC-611MHは汎用性が高く、好んで使用しています。

 

 

ボトルシュリンプは2.4インチ、3インチ、4インチとサイズ展開も幅広いので各フィールドにあったサイズを選んで使ってみてくださいね。

 

越智 一輝