FRESH VOICE

BIG BROWN

皆さんこんにちは。

Great Hunting Field Staffの永嶋です。

 

今回もホームリバーへ向かいました。

ポイントへ到着してみると顔馴染みのフライマン達が居て、朝方に良い型のブラウンを1本釣りあげたとのこと。

しばらく談笑したのち、一人で探検に向かいました。

 

何年も前に1度来たことがある場所だったので分かってはいますが、魚は居る。

何故かというと、掛けても釣り上げることが不可能だから!笑

激流、笹、倒木、おまけに足場がない。これは無理です。

魚にとっては最高の住処ですね。

でも、掛けてから考えようという事で、とりあえず一通り投げてみます。

が、異常なし。

折り返しで、鮭稚魚を意識して「マキッパ10g」を投入。

アップクロスにキャストし、ラインスラッグを回収~・・・と!いきなりヒット!

フォール最中に喰ってました!

目視で60cm以上ある事は確認。

と、ここで我に返りましたが、ランディング出来ないんだったココ・・・

何とか笹を掻き分け、木に掴まりながら水面近くまで来ましたが、ギリギリ届かない!

激流の中、強引にやり取りしていると、スッと重さが抜けました。

はい、バラしました。というより、最初から負け戦でした。

 

その後、2本掛損ねて反応が無くなった為、入渓ポイントへ戻り、小休止です。

と思ったら、皆休憩しているので、竿を振らせてもらって2投目。

ダウンクロスにキャストし、ラインスラッグを取り、流れに乗せてただ巻き。

流心に入り、ルアーがターンしたタイミングで、リールロックと共に竿先が絞り込まれました。

一瞬で大物とわかるドラグの出方と重量感!

結構ドラグを出されますが、多少開けたポイントだったこともあって、余裕をもってやり取りでき、友人達の応援の中、無事ランディング!

久しぶりに良型のブラウンを釣り上げることが出来ました。

 

永嶋 佑基

 

 

たまに泳いでいる鮭稚魚もこのサイズでしたので、マッチザベイトですね。

本当に巻くだけで釣れてしまった「マキッパ」は、この時期の必須アイテムになりそうです。

マキッパの写真が無いのは、ランディングネットに絡み過ぎて解くのに時間を要し、撮影してすぐリリースを優先したためです。)

 

【使用タックル】

ロッド:GH77-2MLS

リール:3000番ハイギア

ライン:PE0.8+リーダー12lb.

ルアー:MAKIPPA 10g (IWASHI、UV SILVER)