FRESH VOICE

初夏到来

1年で最も日が長い6月!

日の出から日の入りまで存分にロッドを振れる時期ですが、
今ではその若さが無くなり、難しくなりつつあります。笑

 

こちら、浜松の梅雨入りは早かったものの、始めに短期集中した雨量のみ…。

これから本格的な梅雨がくるかは読めませんが、たまに降る雨が恵みとなり、そんな日を狙っていくが効率的な展開に持ち込める気がしています!

 

気候だけで考えれば、僕の大好きなシグレシリーズを投入するのもアリな気がしますが、まだ虫系(特にセミ)も鳴いておらず、今か今かと出番を待ちわびております。

 

 

もちろん、トップウォーターへの反応が無いわけではありませんが、現在フィールドでよく目にするのはザリガニなどの甲殻類。

スポーニングもほとんど終わり、アフターの個体はベイトフィッシュより足の遅いエビ類をメインに好む季節。

 

時より岸際などシャローエリアで発生する単発で控えめなボイルは別の時期に見かける、ベイトフィッシュを追うボイルとは異なり、瞬時に逃げるエビを掬うようにモワッと派手に水柱を立てない特徴的な捕食をします。

 

 

この状況は定番の高比重ワーム『TKツイスター』が効果的です。

 

野池などの止水域では、着水地点からストラクチャーに対し、タイトに落とせてポイントを外れないバックスライドセッティングが僕の基本スタイルです。

 

 

オリジナルサイズのTK TWISTERは4.5inchで自重は約10g、TK TWISTER Jr.は3.5inchで約7g。見た目のボリュームも結構違い、吸い込む力が弱い体力回復中の個体が多いこの時期は小さいほうのTK TWISTER Jr.がオススメ!

 

石田 圭吾

 

特にTWISTER Jr.は近距離〜中距離で使うシーンが多いため、バックスライド幅は4.5inchほどではありませんが、食わせやすいサイズ感は1inchの差と言えどJr.の方がGOOD!

 

石田 圭吾

 

 

狙い方はボトムよりアシやせり出した木に軽く引っ掛け、水面付近で誘う方が回遊中のバスからも見つけられやすく、拾いやすくなります。浮きゴミエリアは特に激アツ!

アクションは小刻みにシェイクを入れ続け、なるべく生命感を出し続けてあげてください。

 

このアクションを演出するためにロッドはEXファーストテーパー設定で操作性の高いF4.1/2-71Xがベスト!

 

 

細かなアクションも入れやすく、何より掛けるまでの作業が早い!

持ってみるとシャープさもあり、先調子と、尖った特徴のロッドと思われがちですが、負荷が掛かるとしっかりベリーから曲がってくれる優秀なロッドになっております!

完全に僕の右腕的存在ッ!!

 

TWISTER Jr.でさらに飛距離が欲しい場合はMクラスのスピニングタックルでもOKですし、さらに必要とするのならばTK TWISTERをMHタックルでぶっ飛ばすなどで使い分けましょう!

 

最近は気温30度近くまで上がる日もあり、早くも夏の訪れを予感させる気候になって来ました。

まだ本格的な夏ではありませんが、この時期特に紫外線が強いです。

日焼けは思いのほか体力を奪われるため、この目に見えないダメージを受ける前に日焼け対策はしっかりして楽しみましょう!!