FRESH VOICE

想像を超える完成度!カラシSWのポテンシャル3選!

こんにちは!杉浦永です!

 

今年のメガバス新製品、カラシSW

 

 

最初は「普通の小型シンペンかな?」と思っておりましたが、ボートシーバスで実際に使ってみると、想像を越える完成度で1投目から感動しておりました!笑

 

今回はカラシSW 9gFast Sinkingを使った釣行で、私が感動したポイントを3つほどご紹介いたします!

 

  • 投げやすい!!

 

 

59mmという小型ボディに対して9gという高比重ウエイトなので、フルキャストするとカッ飛んで行きます笑

飛距離が出ることはボート・オカッパリ問わずメリットなのですが、私の印象は「カラシSWなら初心者の方でも投げられる!」でした!

 

初心者の方はキャストの際に手首をどう使っていいか分からずに力が分散したキャストになりがちなのですが、カラシSWならキャストに不慣れな方でもルアーに無駄な空気抵抗が掛かりづらいため、少ない力で投げることができると思います。

 

  • 雑に巻ける!!

 

 

「雑に巻く!」というと表現が曖昧ですが、雑に巻くとはリールを巻くスピードが一定の速度ではないという意味です。

 

例えば、釣り初心者の方がリールを巻いた時、大半の方が釣り竿の先がブレながらリールをカクカク巻いているのをよく見かけます。

 

そんな時は毎回、「一定速度でブレないように巻いてくださいね!」とお声掛けさせていただいているのですが、カラシSWの場合は竿先をブラブラさせながらカクカク巻いても、それがアクションに繋がるのです!

 

 

カラシSWは水噛みがとても良いルアーで、細かいアクションを入れたり、リールの巻き方に変化を加えたりしても基本的にはスイミングの姿勢は崩れることなく、シーバスが好きそうなイレギュラーアクションに変化してくれるという使い勝手の良いルアー!笑

 

もちろん一定速度で綺麗にリトリーブすれば、スラロームしながら魅惑のスイングアクションでシーバスにアピールしてくれるので、ドリフト好きや繊細なバイトを拾いたい!という方にもオススメ!

 

  • ストップで驚愕のアクション!!

 

 

カラシSWを使っていて私が最も驚いたのは、リトリーブをストップさせた時でした。

なんと「バイブレーションしながらフォールしている!」のです!!

 

カラシSWは水平のフォール姿勢を保ちながらブルブルと沈んでいきます!

フォール中にもバイトチャンスを得られるルアーってメタルジグ以外だと中々存在しないのですが、カラシSWはリトリーブを止めてフォールさせた時にもバイトチャンスあり!」という貴重なルアー!

 

シーバスゲームにおけるリトリーブのストップは見切られてしまう場合が多いのですが、カラシSWのフォールアクションなら、フォールで狙う新たなシーバスゲームが確立できそうな予感がしています!

 

・最後に

私個人としても、まだまだ使用回数の少ないカラシSWですが、これを機に何回もボートシーバスゲームや今後アツくなるイナッコパターンで使ってみて、新たなパターン確立に注力していくつもりです!

 

また釣果が出ましたら、皆様にご報告いたします。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!