FRESH VOICE

先入観が邪魔をする!?ハゼドンシャッドSWを使ったメバルゲーム

こんにちは。

山陰スタッフ・福嶋信悟です!

 

早速ですが、最近のマイブームはハゼドンシャッドSW 3inch を使ったメバルゲームです!

 

この釣り方は宮城県の大塚涼奨さんが紹介されており、以前から気になっていたものの…

 

大塚涼奨

 

『メバルにはサイズが大きいような…』

『大型のメバルにしか効果がないのでは…』

『エリアが違うと釣果が出ないのでは…』

という先入観からボックスに入れていたものの出番は少な目でした。

 

釣りをする上で何気なく邪魔になるこの『先入観』。

色々な所で邪魔してくるんですよね(笑)

 

そんな時、自分自身に思うことですが、

『もっと柔軟になれ!』『色々無駄にしてるぞ!』

と思ってしまいます(笑)

…すみません話がそれてしまいました(汗)

 

そして、もう一つの先入観!『ジグヘッド』

 

どれも一緒だと思って使っていましたが、魚からの反応は全く違う。

後になって考えてみると、ワームのウエイト、バランスはそれぞれ!

使っているワームの特徴を邪魔することなく発揮してくれるベストバランスのジグヘッド。

 

ハゼドンシャッドSW 3inchの場合

大塚さんもオススメしている↓の#2サイズ

 

もちろんタイミングもあるでしょうが、自分の中で邪魔していたものが無くなると自然と釣果も出てくれます。

 

 

 

小さいサイズは15センチほどでもしっかり喰ってきます!

 

 

どのエリアにもいるアベレージサイズです。

 

使い方は、ワームで狙うメバリングと同じで、ただ巻きをベースにシェイクやフォールを混ぜて使います。

きっと、私と同じようにハゼドンシャッドSWのようなサイズ感でメバルゲームは..と先入観が邪魔使用してない方がいらっしゃると思います!

そんな方にこそ使っていただきたいセッティングです!!

 

皆さまのホームエリアで是非お試しください!

きっと新しい引き出しが増えると思いますよ!