FRESH VOICE

2020年締め括り〜北海道・道東釣行〜冬の釣り!!

現在、本州では勿論、禁漁ですね。

気温も山間部では頗る下がり、ウィンタースポーツへと移り変わる自身のLIFE。

 

11月にリサーチを進めていた道東へ(北海道)今シーズン締めくくる最後の釣行です。

予想はしていたものの・・やはり過酷・・時期的にも河川凍結も加速・・より限られたエリアでの入竿でした。

 

道東というとやはり湿原雨マス、イトウ、渓相は本州では自身の経験上でおそらく無いタイプ。

濁りのはいる水、パワフルなトルク&厚みのある水力、永遠藪漕ぎに流木&立木などストラクチャーへのピンポイントアプローチ。

ジャングル地帯です。

 

全くトラウトジャンルでも別物になります。

 

-10℃をさらに下回る日もあります、この冬季になるとさらにガイド、ラインの凍結メンテナンス、タックル扱いもシビアになります。

 

かなり過酷ですが、ならではの北の大地、自然の力を身にしみて強く感じることができる。

 

正にロマンの塊、開拓釣行と言う名にふさわしい。

山間部、源流域、北海道では日高エリアが最も自身の好みでもありますが、なかなかマゾ的なこんな釣りも嫌いではありませんw

 

今回は、釧路湿原、下は根室半島から上は標津エリアまでと後半に渡る開拓、移動距離トータル2000km以上、日々に歩行距離は10km〜17km程度。

またアングラーとして最も重要な部分=「フィールドストック」相当な引き出しと経験値を得ることが出来ました!

 

来期の北海道は引き続き最北、道南も開拓しようと思っています。

 

2020年、遠征を繰り返し、仕事、家族、人生そのものを釣りにかけましたが、もうしばらくはこのペースで前進しようと思います。

インプットから、50代へ向けてのアウトプット&海外遠征は必ず組み込もうと思います。

 

一番難しい釣果は、今、フィールドに立ち続ける為には・・・社会と共存しつつ・・どう動くか?

に就きます。

 

2021年も全開で走り続けようと思います。

また来シーズンもどうぞよろしくお願い致します。

 

Megabass Great Hunting Pro Staff

福山 正和より