FRESH VOICE

これからの時期が本番な、バイブレX早巻きパターン!

皆さんこんにちは!




メガバスプロスタッフの杉村です。相変わらずほぼほぼ毎日湖上に浮き、ガイドフィッシングに明け暮れる日々を過ごしております。


季節的には11月に差し掛かり、水温もどんどこ下降気味っ!北湖が17度くらい、南湖で16度くらいって感じか。


ここから冬に向けて木枯らしや寒波が何発もきて、それが来るたびに水温がどんどん下がっていく、そんな季節です。

ただ木枯らしが水温低下をもたらすだけの悪い要因なわけではありません。木枯らし発生で水温は下がるものの『濁りと言う副産物』を釣り人にもたらせてくれます。


で、その濁りの発生したシャローでは





NEWバイブレーションXの早巻き、バイブレーションXウルトラの早巻きパターンが有効となります。


NEWバイブレーションXはウォブル系の強振動なバイブレーション。なので濁りがキツかったり、ウィードがしっかり濃ければバイブレーションXの出番。



バイブレーションXウルトラはロール系重視なバイブレーション。なので、ささ濁り程度の濁りでウィードが薄ければバイブレーションXウルトラの出番。


濁りの濃い薄い、ウィードの濃い薄いで使い分けをすることがおすすめです。





ロッドはVALKYLRIE VKC-69M +に6か7ギア台のリールにフロロ14か16lb.をセットします。



14lb.の方が扱いやすいが、とにかくマシンガン的に乱打しまくる釣りなので知らず知らずのうちにラインに傷が付いてしまうこともあるので16lb.がオススメです。



キャストして着水したらハイスピードリーリング。水深は1m台のシャロー。



竿がガチーーーン!…と、止まったら





こんなの釣れます。このパターンは琵琶湖では12月くらいまで続くので急ぐべしっ!!また3月4月の水温が一桁台から10度台前半の寒い季節でも有効っ!!



シャローフラットの野池でもバイブレーション速巻きパターンは晩秋から冬場、早春の定番なので是非お試しください!!


ボトムにゴンゴン当てながらただただ早く巻くだけ。実は簡単な釣りなんですが、釣れればデカイ、ストロングパターンですねっ!


皆さんも是非お試しくださいっ😄👍!