FRESH VOICE

SIGLETT 芦ノ湖ランカー炸裂!

7月23日(火) SIGLETTTINY SIGLETTで芦ノ湖のランカーバスを攻略してきました。

結果は50㎝、47.5㎝。同行の方も47㎝と2人で3本釣り上げましたが、反応するバスはすべて40㎝以上

 

 

 

乗り損ないのアタックやルアーに対してロックオンして深場から上がってくるバスの姿が頻繁にみられ、非常にエキサイティングなゲームが堪能できました。

SIGLETTはソフトなウィングを持ち、キャスティングの際に十分な飛距離が出るのですが、着水の際にはいかにもセミや小型の甲殻類が落ちてきたような、バスにとって魅惑的なソフトな着水音と波紋を生みだします。

 

更にキャストの際に折りたたまれていたウィングはリーリング時には広がり、移動距離を抑え、ロッドアクションでクロールターンや落水したセミが生み出すような微波動を生み出します。その場でストライクゾーンに長くルアーをとどめておくことが出来るのです。あとは食い気のあるバスが反応してくれるのを待ち、一旦反応してくれたら、余計なアクションは付けずにルアーが消し込んだら合わせるだけです。

 

 

 

 

私が生まれて初めてバスを釣ったのは、芦ノ湖で今を去ること43年前です。

芦ノ湖は湖岸を樹木に囲まれ、国立公園という立地と、地元の方々の努力によって40年以上たっても変わらないたたずまいと、素晴らしい魚たちが私を迎えてくれました。

芦ノ湖や信州、東北の透明度が非常に高い山上湖では、特にセミパターンは有効です。SIGLETTにロックオンして浮きあがってくるランカーバスの釣りは、季節の風物詩といっても良いでしょう。