FRESH VOICE

春先のハードルアーローテーション

皆さんこんにちは♪
 
 
 
 
3月の琵琶湖。
 
ド!典型的な三寒四温な天候が続いており、暖かい日には水温が12℃少しまで上がり、寒い日に水温は9℃まで下がる。結局平均で10~11℃な日が続きます。とは言え、暖かい日は寒い日に比べ珍しく、長袖一枚だけを着てポカポカな釣り日は殆んど無し泣!
 
 
今日明日明後日も最高気温は大津で9~10℃しかなく、バスも戸惑っていることでしょうね(^^;
 
 
 
 
バスは完全にシャローからディープまでどこにでも居る状態。シャローのバスは変化に非常にセンシティブになっているようで、濁り要素は魚を釣る上で重要となっております。
 
 
濁りがあまり無いような状況ならウオズスイマーでシャローやマンメイドを巻く。
 
 
 

 
 
 
シャロクラなどに比べるとナチュラルなアクション。あくまでイメージで言うとシャローに上がった一回り大きなメスのバスを、この静かなアクションで狙う感覚で使ってもらいたいです。発売はまだですが、お楽しみにッ!
 
 
3/8oz以上のウオズスイマーならVALKYRIE VKC-72H+が推奨ロッド。1/4oz以下ならVKC-611MHがオススメですっ!
 
 
 
そして濁りが入った
 

 
 
シャローからミドルレンジではバイブレーションXの出番!!これは春のテッパン。水温が低いからこそ早巻きでリアクションバイトを狙う。水温が低い=ゆっくり巻きではありません。これは秋でも同じかなと。ロッドはVALKYRIE VKC-69M+がオススメでっす!
 
 
 
 
そしてコイツの存在もお忘れなく!…な、
 

 
 
フラップスラップ。ロールアクション主体 のクランクとバイブレーションとシャッドの間のルアー。
 
 
まん丸ボディやフラットサイドのシャロークランクを投げるようなリップラップで、水が透け透けの時、投げて見てください♪こちらはVALKYRIE VKC-66M+がオススメです!
 
 
こんなハードルアーのローテーションを中心に展開していき、今日はハードルアーを喰い辛いなってときは、テロンテロンの驚異の喰わせマテリアルなトーナメントクローラー4.5~5.5のネコ、ダウンショットなどで気難しいバスを狙ってみてください♪
 
 
 

 
 
ライトリグにはどんなリグでもオールマイティーにこなせるVALKYRIE VKS-68MLがオススメです!
 
 
まぁなんせ今時期はまだまだバスを釣るのは難しい。それに今年は水がとことん綺麗だから困ってしまう。なので、まだクリアでも釣れる浚渫のディープの釣りが優位なんだけど、春だし巻いて釣りたい方もたくさんいらっしゃるはず!
 
 
そんな時は僅かな水温の違いや、僅かな地形の変化、また僅かに濁りが入ったエリアなど、バスを釣るための『僅かな要素』さえも、バスを釣るための『大きな要素』となるのが今春の傾向かなと思います!