FRESH VOICE

2019W.B.S.プロチームトーナメント開幕戦

皆さんこんにちは。

3月を迎えいよいよトーナメントシーズンが始まりました。より多くの方に応援していただけるよう今シーズンも気合を入れて臨みたいと思っています。

 

さて、3月24日(日)W.B.S.トーナメント第1戦が霞ヶ浦で開催されました。

前日は冷たい雨が降り、水温低下によるバスの活性が下がる事が懸念されていました。試合の朝は更に冷え込み、3月下旬なのに車載の外気温度は-2℃を表示していました。

 

 

試合は、プリプラクティスで非常に良かった北浦の中下流域のハードボトムエリアをI×I SHAD TYPE-Rで攻め、辛うじてパートナーとお互い1本ずつ釣り2本2115gで4位入賞。優勝チームでさえ水温低下のタフコンディションのおかげで3本(リミットは5本)2935gでした。

 

水温が前日より2℃ほど下がり、日が昇っても風が冷たいため中々水温が上がらず、10時以降からようやくバイトが出始めるという状態でした。

 

 

現在の霞ヶ浦水系で有効なルアーはLBO II搭載のI×I SHAD TYPE-RGALAXY GORISECRET DRY ICEカラーがこの時期の霞ヶ浦水系にはベストかと思われます。

 

 

ロッドはDESTROYER F3-610X(飛燕)、それにシャッドチューニングを施したエアー系リールを使用すれば向かい風でもキャスタビリーに優れストレス無くルアー操作ができ、早春特有のバスからのショートバイトも確実に捕らえる事が出来ると思います。

 

 

 

皆さんも是非試してみてください!

 

 

W.B.S. 長岡 正孝

 

 

■ タックルデータ

ロッド:DESTROYER  F3-610X – 飛燕

ライン:FLUORO 8lb

ルアー:I×I SHAD TYPE-R (GALAXY GORI、SECRET DRY ICE)