FRESH VOICE

真冬でも信じて巻く!アイバイアイシャッド!

皆様はじめまして!

本年よりサポートしていただくことになりました、

メガバスフィールドスタッフの池田和哉です。

 

私は愛媛県松山市を拠点に四国を釣り巡るおかっぱりアングラーです。

河川やリザーバーで巻モノをメインとしたスタイルで日々フィールドと向き合っております。

 

皆様の釣りにお役に立てる情報を、そしてバスフィッシングの魅力を本ブログで発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

さて、暖冬な今シーズンの冬。

急な寒波が来たかと思えばアウターがいらない程暖かかったりと、魚の居場所が絞りづらい状況が続いていますね(=_=)

 

そんなこの冬は定番であるスローなフィネスの釣りよりもスピーディーな巻きの釣りの出番が多くなっています。

 

特に河川やリザーバーのバスは野池の魚に比べて動けている魚が多いのでスローな釣りでは効率が悪い、、、

冬の短いフィーディングタイムをとらえる為、ストレスなく(よく飛んでスタックしない)巻くためにに使用しているのが、、、

 

* IXI SHAD Type R *

 

 

使用するエリアは水深50cm~1m程のシャロー。

リップラップが絡むエリアを中心に広くスピーディーにチェックしていくと、、、

 

タイプRの速巻きで♪)

 

 

使い方はボトムを叩きすぎないようにロッド位置でレンジをコントロールしつつ、あとは全力で巻くのみ!(`・ω・´)ゞ

食い気のある魚が横からスッ飛んでバイトしてきます!

 

ローライトや風が吹くタイミングでスピードを上げたり、ピーカン無風であればの少しゆっくり巻いたりと状況に合わせて巻スピードを変えてあげます。

極端にゆっくり巻くことはほとんどないです。

 

(リーリングがガツッと止まるバイトが気持ちいいです(●´ω`●))

 

小粒なシャッドルアーながらもLBO搭載のため約25mの対岸までも楽々到達♪

いちいち対岸まで渡らなくとも探りきれるので効率よくバスとコンタクトできる!

かつ障害物回避性能も高いので他のシャッドルアーより優位性があると感じています。

 

(先日の寒波初日。雪が降るなかでもアグレッシブなバスが反応してくれました(^^♪)

 

冬でも巻物で一本獲りたい!

越冬系の魚のポジションがしぼりきれない!

寒くてスローな釣りが我慢できない!

 

そう思った方はぜひ試してみてください(`・ω・´)ゞ