FRESH VOICE

亀山レポート

年明けから水温は降下し、例年通りの水温になってきた亀山ダム。

まだ最低水温とまででは無いものの、まもなく最も寒く、最も厳しい時期がやってきます。

そんな時はやはりトーナメントクローラーのDSで無難に釣果を出してからの1発狙いのシャローカバー展開を!

 

 

まず、この時期のディープでのトーナメントクローラー3.5インチはグリーンパンプキンブルーフレークで!

 

 

本当にこのワームには助けられっぱなしで年末年始の締めと明けには昨年もこのタイミングではお世話になっているワーム。

 

 

非常に柔らかいタイプの為に使用方法はシェイクを加える事なくボトムをしっかりと感じながらのズル引きでボトムの凹凸に反応し、オートマチックにアクションをしてくれるのでシェイクは不要。ボトムをしっかりとってのズル引きでオーケーです。

 

 

 

きっちり1本を釣ってからはシャローカバーで1発狙い!

 

この時期のビックフィッシュキラーのボトルシュリンプ2.4インチを今回はカバーをダイレクトに狙っていった為に、ジグヘッドの上反りセットではなく、ヘッジホッグスモールラバージグへ逆付けセット!

 

 

 

この逆付けセットにする事でパワーアームがフォール時に震えながらブレーキの役目をしてスローフォールし、ラバーにも振動を伝えてアピールしながらフォールしてくれます。表層でのシェイクでは落水した虫が水面でもがいている様子を表現する事もできます。

カバーの表層シェイクから各レンジへのフォールやシェイクで全てのレンジにおいてパワーアームを有効に使ったアピールをさせる事ができるのも特徴です。

ヘッジホッグスモールラバージグをカバーへダイレクトアプローチするには3.5gと5gがオススメです。)

 

このセットを只今開発中のパワーフィネスロッドでカバーへアプローチしていきます。

 

 

冬の釣果が厳しくなりがちな亀山ダムですが、そんな中でもヘッジホッグスモールラバージグボトルシュリンプ逆付け+開発中のロッドでかなりの数をキャッチする事ができています。

 

ロッドについては、まだ詳しい事はお話しできませんが、パワーフィネスロッドに必要な要素を盛り込んだ、カバー攻略には絶対に外す事ができないロッドとして作成中ですのでぜひご期待下さい!