FRESH VOICE

バイブレーションXとブレーディングXのススメ

メガバスプロスタッフの杉村です!
今現状の琵琶湖は北湖の水温が11度。南湖メインチャンネル・ボディウォーターのラインも11度。
南湖・西岸東岸のインサイドでも9度くらいと今までの12月の琵琶湖と比べても水温は若干高め。しかもなかなか水温が下がらなくてずーーっと9度台を二週間弱キープしているエリアが多い。
今年の冬のエリア選択としては
◎シャローのウィード残り
◎浚渫
の二択になりそう。もちろん北のストラクチャーや水中のストラクチャー(インビジブル系)も高い水温によって生きている。ハイシーズンならベイトネコやらテキサスで狙うことも多々あるが真冬と言うこともありライトリグ(パタリロDS)など一気にルアーのサイズを落として狙うこともしばしば。
南湖のウィードフラットの釣りがウィードが無いことによって機能しない分、北湖の水温が高いって言うプラス要素があって助かってます。
南湖においてはシャローのウィードが残る東岸シャローを探していく。ハッキリ書いちゃいますが、タケシ城前から大津港一文字の東側の1.5m、赤野井一文字前、北山田一文字(南端のみ)前、帰帆島の北の橋の前から北山田一文字に掛けての300mくらいの区間、そして瀬田川の浚渫掘り残しにカナダモが残っております。他にもありますがあまりパッとせず僕のガイドでは釣れておりません。
そこをスピーディーに

バイブレーションを巻く!!!
もちろん使うルアーはバイブレーションX!!
カラーは
G GILLがメインで、低水温期に強いバイパータイガーがオススメ。赤いバイブレーションは低水温期に効くってのは都市伝説でもなくリアルなところだと僕は思ってます♪
あと、ワキントネキンカラーは琵琶湖で釣れる。ホントオススメ。
また

バイブレーションXウルトラも必需品。
ウォブリング系バイブレーションの『NEWバイブレーションX』をパイロットルアーにして、バスが低活性、またはクリアアップしたときなどはウルトラだけが釣れる状況が何度もあります。
しかもサイレント、またはワンノックサウンドだけが釣れるシチュエーションってのもあるので、この2つのルアーが今冬の僕のガイドでは欠かせないアイテムです。
20年くらい前に出たバイブレーションXウルトラですが、このルアーはホントに魚を釣る能力が高く他にはない唯一無二のアクション。
ロッドはVALKYRIE69M+か66M+。雑巾のようにただ重くなるだけのバイトもたくさんあるので疑わずウィードだろうが水中のゴミであろうがゴリゴリ巻いて釣り上げて行きましょう!
よくあるのがガイド中に『杉村くん重いウィード掛かっちゃったわ!』とお客さんが仰って、その瞬間にそのゴミと思われていたものがジャンプしてバラしちゃうパターン笑
『あっ、バスだった…』
ではその日それが最後のバスかもしれないので
『疑わしきものは合わせろ!』
の精神で今年の冬のバイブレーションゲームを楽しんでもらいたいです。
浚渫メタルの釣りにおいては
『ベイト』と『バス』を魚探で探しバスらしきものが写ると撃つ、もぐら叩き戦法が効率が良いですね笑
浚渫エリアは日替わり感が半端無いので、手持ちの自信のある浚渫は人それぞれお持ちでしょうが釣れなかったら
『次!また次!』
と言った感じでローテーションしていくのがベターでっす!
ルアーはブレーディングX1/4~3/8ozで宜しくお願い致しますっ!