FRESH VOICE

小さな巨人が減水野池で確変中!! フィネスバイブレーション“NANO”

静岡県の気温も10度台前半で安定し始め、水中の水温もそれに合わせて10度台をギリギリキープしている現在。

いよいよ冬シーズンが到来しました!!

冬シーズンは、魚の活性がとてもシビアになり、1バイトが貴重になります。1日ワンバイトなんてこともザラですが、それを楽しむのが冬シーズンの醍醐味でもあります。

 

 

【冬野池の定番“減水野池”】

自分のメインフィールドである野池では、冬野池の特徴の1つでもある、『減水』が秋頃より始まりました。

冬野池の減水は、アングラー側にとってはうってつけのフィールド。

 

 

フィールドの規模が小さくなるため、魚に出会う可能性が高まるのは大きなメリット。

その中で効率良く全体をサーチできるルアーの1つがバイブレーションです。

 

 

これは冬野池を攻める上で欠かせない定番アイテム。

大多数の皆さんが使っているジャンルかと思います。

 

【超フィネスバイブレーション“ナノ”】

しかし、多くのアングラーが使っているため、ここ最近の反応を見ていると「魚が嫌がっているのではないか?」と感じることもあります。

そんな中、今まで獲れていなかった魚を反応させることができていると実感しているのが、バイブレーションXナノです。

 

 

実際に今年減水野池を攻める中で、様々なバイブレーションを投げていますが、最も反応の多いのが圧倒的に“ナノ”です。

 

 

【ナノが減水野池に効く理由】

自分が今シーズン、減水野池をメインに使っている“ナノ”

 

 

なぜ減水野池に効くのか?を解き明かすと、共通して3つの理由が挙げられました。

 

① 波動の小ささ (時期的に吸い込む力が弱くなり、小さいものの方が吸い込みやすい)

 

②メインベイトとなる稚ギルやエビにマッチザベイト

 

③超小ぶりなバイブレーションで、他のバイブレーションに比べ軽量のためボトムを叩きすぎない。 (ボトムをソフトタッチするのが最も反応が良い)

 

 

プラスチック素材でここまでフィネス的なバイブレーションがなく、浅いエリアを攻める際、ボトムを叩かないように早巻きしたりロッドを立てたり工夫していましたが、

このバイブレーションに出会い、『投げて巻くだけ』といった単純動作で反応を得ることができ、今まで反応なかったバスと感じています。

 

【タックルはロングレングスのスピニングを推奨】

軽量のため、PEラインを使用したスピニングタックルがおススメ。

 

 

PEラインの中でも、なるべくラインを細くして飛距離を伸ばすことが大切です。

減水野池では遠くに飛ばして広範囲をサーチし、魚と出会う確率を増やすことが大切です。

 

 

『バイブレーション』ひとつとっても、多くのバイブレーションが市場に出ていますが、バイブレーションXナノは明らかに他のバイブレーションにはない特色があります。

お近くに減水野池やシャローフラットなフィールドがある方は、ぜひバイブレーションXナノをローテーションの一つに入れることをおススメします!!

 

 

◆タックルデータ◆

ROD : F3-610XS“VLC -Version Lake Casitas-”

LURE : VIBRATION-X NANO

LINE : PE 0.6号 + リーダー (フロロ1.75号)