FRESH VOICE

初冬の渓にて 〜BIG BROWN TROUT〜

こんにちは!Great Hunting Pro staff の永嶋です。

11月中旬、なかなか初雪が降らない北海道。暖かいので、久しぶりにブラウンを狙いに出掛けた。

 

ポイントを探しながら、川を覗くと普段より水量が多い。これで少し濁りが有れば最高なのだが…と思っているとパラパラと雨が降りだした。雲が低く、日中にしては暗い。ふと、「何か起きそう」という直感が働き、ルアーを数個かチョイスして実績のあるポイントへ向かった。しかし、流心、岸際、アップ、ダウンと色々試すも異常なし。まぁ、いつも通り。そう簡単には釣れない川…このポイントを諦めるか悩んで、辺りを見回していると、今まで気付かなかった小さなポイントを発見。

増水している時にしか現れないポイントだ。開発中のプロト・シンキングミノーで誘いをかけてみると40cm程のブラウンがチェイス!! バイトまで至らなかったが、この光景でスイッチが入り、以前より気になっていたポイントへ向かった。そこは、倒木と倒木の間隔が10m程で、水中にも枝が無数にあり、流れが強くて攻め難い。ルアーロストの危険性があり、魚を掛けても獲れるかどうかわからないので敬遠していたポイントなのだが、「今日はここしか無い。」と覚悟を決めた。キャストからランディングまでを入念にイメージし、立ち位置に着いた。小さなポイントの為、一発勝負だ。

プロト・シンキングミノーをピンポイントキャストし、少し沈めてから躍らせる。

 

!!!!

 

突如として、岸際から黒い砲弾が現れ、プロトルアーに襲い掛かった!!

予想外の大きさに驚いたが、一呼吸置いてフッキング!激しいヘッドシェイクの際に、掛かり所が良い事が確認出来た。しかし、ここからが修羅場。倒木間10mの中で縦横無尽に走り回り、ジャンプ5連発!!ヒヤヒヤの攻防戦だが、こちらの武器はGH84-2MLSだ。この川では、必要ないスペックだが、こんな時の為に強いタックルにしていたのだ。障害物・動けない立ち位置、様々な悪条件が重なり、相手に主導権を握らせたら即試合終了という状況下でもロッドのレングスとパワーで魚をいなし、黒い砲弾を無事ランディングネットに収めることが出来た。

 

 

素早く撮影を済ませ、水に浸けると、水飛沫を上げて元気に流れに戻っていった。

最高の気分だ。河原に座り気持ちを落ち着かせる。しばらく、川を眺めていると何処かで大型の魚が跳ねる音が聞こえた。

 

この後、新たな闘いが始まる…

それは、次回のブログで!

永嶋 佑基