FRESH VOICE

晩秋の本流にて

GREAT HUNTINGチームメイト 福山氏が来道。

釣りトリップ中に某河川本流に立ち寄った。

 

10月下旬、曇天の早朝、吐く息は白く、釣り人の活性は下がり気味。

台風による大水の影響で数年前に来た時よりも河原が広く、ポイントも様変わりしていた。

 

この時期、鮭の産卵のおこぼれを狙うアメマスやレインボーが深みや瀬尻の比較的流れが穏やかなポイントに定位していると仮定し戦略を立てる。落ち葉が多く釣りづらい状況ではあるが、先ずは現在開発中のプロトシンキングミノーをアップクロスから核心部へと流していく。

 

1投目で結果が出れば良いのだがなかなか渋い状況、しばらく魚からのコンタクトは無く、沈黙の時間は続いた。次は、立ち位置を変更しダウンクロスでルアーを長く魅せる事にした。

 

数投後、思い通りのコースを通し、核心部でスイングした瞬間、ロッドが絞り込まれた。

手元に伝わる重量感と首振りから大物だと確信!!魚体の大きさと本流の分厚い流れが合わさって物凄いファイトだ!!流れに乗って下流に降ろうとするBIGトラウトをなんとかいなして浅瀬へ誘導し、キャッチ。

 

 

BIGトラウトの正体はコンディション抜群な大型のアメマスだった。

久しぶりに緊張感があるやり取りをしたからかリリース後は、安堵感から河原に座りしばらく余韻を楽しんだ。