FRESH VOICE

ベイトフィネスとパワーフィネス

シャローからミドルレンジまで幅広いレンジやエリアで釣れる今の亀山ダム。

色々な釣りで釣れる反面、絞り切れずに終わってしまう事や各所の密度が薄くなる為に釣果が伸びずに難しく感じる場面も多々あります。

そんな状況では、私はカバーを中心に釣っていく事をオススメします。

 

絞り辛い上に亀山ダムでは数多いカバーを狙うと逆に絞れないのでは?と思われてしまうかもしれませんが、この時期から発生するターンオーバーの影響や様々な要因を判断して、良いカバー、悪いカバーを見極めた上で条件を満たしたカバーをいくつか確保する事ができる為です。

そんな状況で釣果を上げていくにはやはりプレッシャーもある為にネコリグをメインとしています。

 

 

 

次にアプローチ方法です。

使用するリグはネコリグなので通常のカバーロッドではなく、ベイトフィネスタックルパワーフィネスタックルの2つをシチュエーションによって使い分けしていくのがカバーでの釣果を上げていく上で大切になってきます。

 

こういった比較的スペースがあり奥行の無いカバーではベイトフィネス

 

反対にこの様に奥行があるカバーではパワーフィネス

 

ベイトフィネス、パワーフィネスどちらもカバーを狙うのですが、それぞれが最も有効になるシチュエーションについては、ベイトフィネスは先程の様なライトなカバーと通常のスピニングタックルでは掛けた後に不安が残る様な沈み物や立木等のオープンウォーターにあるカバー周りです。メリットはキャスト精度がつけられる点、手返しが良い点等々があげられます。

デメリットはあまり奥まったカバーにはキャストを決め辛い点等。

 

 

 

パワーフィネスはベイトフィネスではキャストの際にカバーに触れてしまいトラブルが発生してしまう様なかなり複雑にカバーが絡み合ったカバー。

メリットはPEラインを使用する為に強引に引きずり出す事ができる、キャストの際にカバーに触れたとしてもバックラッシュ等のトラブルが起きずにルアーをカバーの際奥まで届かせる事ができる点、ルアーをフリーで真っ直ぐにフォールさせる事ができる点等があり、デメリットはかなり固めのロッドの為に、精度がつけ辛い、オープンウォーターではPEラインの為にラインによるプレッシャーがある等があげられます。

 

 

 

今まで、ベイトフィネスのカバーネコではX7のF3-69X7がキャストからランディングまで快適に行う事ができているのですが、それだけでは対応しきれなかったカバーがあったのが事実。

 

そんな、釣りきる事が出来なかったカバーのバスを釣る為に現在、新たなパワーフィネスロッドのテスト中です!勿論、デメリットであった点をクリアして、パワーフィネスに苦手意識のあった方にもカバーを徹底的に攻略する為には絶対に必要だと感じて貰えるようなパワーフィネスロッドに仕上げて貰っていますので是非ご期待下さい!