FRESH VOICE

亀山レポート

今年の夏はほぼ満水状態をキープし続けている亀山ダム。

減水をすると夏のキーとなるシェードを作り出すオーバーハングの中を狙い易くなったり、縦ストラクチャーの立木や岩盤等の満水時では狙い辛くなってしまう立木をダイレクトに狙い易くなったりと、景色と共に夏らしい釣りをできるのもこのシーズンの楽しさでもあります。

 

しかし、今年は8月になってから満水状態でいつもの夏の状態とは違う亀山ダムでした。

 

釣れるレンジはやや深めが多いのですがこの釣れてくるレンジは例年の減水期とほぼ変わらない所です。特に立木や岩盤等のストラクチャー周辺においてはこの傾向を強く感じました。ポジションは変わらず、減水していない分深く感じるといった感じです。

 

立木や岩盤では今年リニューアルされたTOURNAMENT CRAWLERのDSでやや深めのレンジの4m辺りが好調です。シェイクを加えるというよりもボトムやストラクチャーにしっかりとコンタクトさせ凹凸を感じながらスローにズル引きとステイを繰り返しするイメージです。

 

 

TOURNAMENT CRAWLERはソフトに作られていて、ボトムをズル引くだけで自発的にアクションを発生してくれます。やや深めのレンジでアクションをさせる為にシェイクを加えると、いつの間にかボトムから離れてしまうという事がミドル〜ディープレンジでは発生してしまう事もあります。

その点、TOURNAMENT CRAWLERはシェイクをせずともボトムの僅かな凹凸やラインテンションによってもアクションを発生させる事ができるので不用意にボトムから浮かせる事なく、しっかりとボトムをとって誘い続ける事ができるどこでも誰でも使い易いソフトルアーになっています。

 

 

 

夏といえばサスペンドしているバスに有効なノーシンカーのフォールですが、4m付近まで落とすのは少々困難。そんな深めな所で有効なのはTK TWISTER Jr.のNSです。ウエイトがある為に操作性が良く、比較的フォールスピードが早いのでストレスなくバスの着いている深いレンジまで到達させる事ができます!

 

 

 

 

減水していない為に上流域や本湖等広い範囲で釣れているのも今年の夏の特徴です。

広い範囲を探るにはやはりキャロライナリグが有効で、ズル引きやスイミング、色々なアクションをワンキャストで織り交ぜる事でキャッチできています。

これらのアクションにも柔軟に対応してくれるソフトルアーはBOTTLE SHRIMP

ズル引きでエビ系を意識したアクションの中にトゥイッチを加えてエスケープアクションでのリアクション効果やフォール中には2本のパワーアームが左右に振れる事によるナチュラルアクションの両極端な誘いを仕掛けていく事ができるソフトルアー!

 

 

BOTTLE SHRIMPはジグヘッド、テキサス、キャロ等様々なリグに対応してくれるオールマイティーなソフトルアーで季節問わず活躍してくれます!

 

 

今回はキャロライナリグで50UPをキャッチです!

 

 

例年とは少し異なった亀山ダムですが、どんな状況でも対応できるTOURNAMENT CRAWLERBOTTLE SHRIMP、シャローカバーだけではなく深いレンジもNSでナチュラルに誘えて手早くチェックのできるTK TWISTER Jr.オススメなソフトルアー達です!