FRESH VOICE

五三川ではボトルシュリンプが効く

最近の五三川と言えばエビ エビィ〜!!

 

ども Megabass Field Staff saku ですっ!

 

五三川は、カバーが豊富なフィールドで

護岸、岩の隙間、冠水ブッシュ、蛇籠と言った

カバーにくっついている、ベイト。

 

『エビ』がいて。

 

最近、ボトルシュリンプへ好反応を示しています。

 

 

 

主にスモラバラバージグのトレーラーとして

使用していますが

 

スモラバには2.4inch

 

 

ラバージグには3inchを使用しています。

 

 

ボトルシュリンプ

 

 

ボリュームのある2つのメインのアームの水押しと左右3ずつのアームがランダムに動き

魚を騙す事が出来る優秀なワームです。

 

使い方的には、至って簡単。

垂直護岸やカバー周りであらかじめ水位を確かめておいてからの

『上』『中』『下』とステイさせてシェイク。

 

落として行く際は必ずシェイクしながら落としていき、

その日の魚のポジショニング、『レンジ』が合った時バイトしてくるイメージ。

 

簡単な作業ですが繊細且つ丁寧に探るため、テンポは遅くなりますが

今や五三川はハイプレッシャーフィールド

 

一つ一つを丁寧なアプローチをする事でこの釣り方の威力を発揮します。

 

ちなみに僕のラバージグとスモラバの使い分けですが

 

カバーが  濃いラバージグ

              薄いスモラバ

 

流れが     強い → ラバージグ

              弱いスモラバ

 

食いが    深い → ラバージグ

             浅い → スモラバ

 

と言った感じで

 

 

ウエイトはスモラバ 3.5gを基準に

 

ラバージグは7g~14g

 

前後を使い分けて使用していますので、五三川でボトルシュリンプを使ってエビパターンを堪能して下さい。

 

 

 

 

最近、五三川の最寄りの店舗さんでもボトルシュリンプが大量入荷していますので

もし宜しければ使って見て下さい。

宜しくお願い致します!

 

 

 

 

◆タックルデータ◆

 

ROD:HYUGA 66ML

LURE:BOTTLE SHRIMP 2.4inch + スモラバ

LINE:フロロ10lb.

 

 

ROD:HYUGA 611MH

LURE:BOTTLE SHRIMP 3inch + ラバージグ

LINE:フロロ16lb.