FRESH VOICE

足元と準備は要チェック

冬本番に向けて冷え込みが始まったと思われた浜松ですが、日中の気温は15℃近くまで上がり、まだ晩秋といった状況です。

雪は殆ど降らない恵まれた環境だったりしますが、特に秋から冬になるこの季節の境目が非常に難しく、狙い所が絞れなかったりします…。

 

例年の感覚で深場を狙ったメタルバイブのリフト&フォールや、バイブレーションのリトリーブで探りますが、なかなか一筋縄には行かず悩まされる事も多い。

 

でも、どんな地域でも冬の合間の暖かい日があると生き物は動きたくなるでしょう。

 

さすがにボイル・・・とまで活発ではないと思いますが、今回特に反応があったのは足元付近のシャローエリアで、水深が約1.5m以浅に沈んでいるレイダウンに潜んだ魚でした。

 

 

メタルのあとにシャローエリアをおもむろに投じたダウンショットが功を奏し、バイトが連発!

1度デカイのも来ましたが、スピニング(+4lb.)ではさすがに太刀打ちできずフックオフ・・・。こんな時はパワーのあるベイトフィネスタックル(+8~10lb.)のが欲しかったですね。

 

 

その後も、何とか引きずり出してもこのサイズ…泣

 

巻かれないように配慮しスモラバや比重の高いワームをノーシンカーで周りを探りましたが、これには反応が無いようでどうやら魚はレイダウンの奥で居座っているようでした。

 

ワームも、少し強めのシェイクでロールが入るハゼドンシャッドタイニーエクスレイヤーでは反応が無く、僅かなロッドアクションでも細かなパーツがしっかりとアクションしてくれるパタリロに好反応のようで甲殻類が住みそうなレイダウンや冠水ブッシュなどに絡ませながらの1点シェイクで獲ることができました!

 

 

季節的に近距離戦は考えていなかったで置いて来ましたが、やっぱり突如必要になることがあるのでしっかりと準備は必要ですね!

 

皆さんもご注意をッ!!

 

 

■ 使用タックル

ロッド:F2-64XS

リール:RC-IDATEN 256

ライン:DRAGONCALL SUPER FINESSE 4lb

ルアー:PATALIRO 3.5inch